米国、ワクチン接種済みの旅行者すべてを入国許可へ、欧州の圧力で

(2021年9月22日)

President Joe Biden leaves St. Edmund Roman Catholic Church in Rehoboth Beach, Del., after attending a Mass, Saturday, Sept. 18, 2021. Biden is spending the weekend at his Rehoboth Beach home. (AP Photo/Manuel Balce Ceneta)


 ホワイトハウスは月曜日、米国がワクチン接種済みの外国人を、十一月の早い時期から隔離義務なしで入国を認める、と発表した。これは欧州諸国が長期の汎感染に伴う入国禁止を緩和してきているのに、米国が相応の対応をしていないと苦情を述べてきたことによる大きな変化だ。

 ホワイトハウスのCOVID-19担当官であるジェフ・ザイエンツ氏によると、旅行者は米国に向けて出発する直前の3日以内に実施したウィルス検査での陰性証明を提示しなければならない。

 同氏はまた、米国が旅行者の行先を確認し、発症していないか確認する電話番号と電子メールアドレスを収集するための、接触者追跡システムを設けることを明らかにした。

 「国境を越えた往来は家族や友人をつなぎ、規模の大小にかかわらずビジネスを活気づけ、アイデアや文化の開かれた交流を促進するのに大事だ」、ザイエンツ氏は語った。

 

 米国人で海外から帰国するがワクチン未接種の人は、出発直前1日以内にウィルス検査を受け、さらに到着時に再度検査を受けなければならない。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)

バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年09月21日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)

米共和党は民主党を「社会主義者」と非難せよとギングリッチ元下院議長

(2021年09月19日)
→その他のニュース