自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年9月26日)


 バイデン大統領は、イランとの外交関係を強化し、トランプ前大統領が離脱した国際的な核合意を復活させることを約束したが、就任から9カ月がたった今、成果をほとんど示すことができていない。  

 対応を誤ったことで、イランにさらに大胆で好戦的な政権を生み出したのではないかとみられている。  

 21日にニューヨークで行われた国連総会で、両国間の溝がいかに深く、米国の外交努力にもかかわらず、事態がいかに進展していないかを示す新たな証拠が示された。大統領として初めての国連演説でバイデン氏は、イランに和平への手を差し伸べ、米国は経済制裁の緩和と引き換えにイランの核開発を制限した2015年の共同包括行動計画(JCPOA)に戻る意思があると述べた。  

 しかし、そのわずか数時間後、イランのライシ大統領はこの世界の舞台で、バイデン氏と、その政治的キャッチフレーズ「米国が戻ってきた」を公然と嘲笑した。ライシ師は、米政府を出し抜き、交渉の場で有利な立場に立っていると考えていると断言した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


ハイテク化する戦場、無人機がウクライナ戦争を一変

(2022年05月23日)

北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)
→その他のニュース