バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月5日)

Japan’s Prime Minister-elect Fumio Kishida arrives at his official residence Monday, Oct. 4, 2021, in Tokyo. (AP Photo/Eugene Hoshiko)

By Tom Howell Jr. – The Washington Times – Monday, October 4, 2021

 バイデン大統領は、日本の国会で岸田文雄氏が世界第3位の経済大国を率いる首相に就任したことを祝福した。中国が台頭する中で、インド太平洋地域の「平和、安全、繁栄の礎石」として日米同盟はますます重要になっている、バイデン大統領はこう述べた。

 「(日米)双方の民主主義と国民の間に築かれてきた歴史的なパートナーシップは、今の時代の課題に協力して取り組むにあたって重要な資産であり続ける」。

 さらにバイデン大統領は、菅義偉前首相が「在任期間を成功裏に導いた」ことを祝福した。米国大統領として4月にホワイトハウスで菅首相を迎えたが、それはバイデン大統領就任後初めて行った外国首脳との直接会談だった。

 岸田氏は2012年から2017年まで、菅氏の前任者であり、日本の首相として最長在任期間を務めた安倍晋三氏の下で外相を務めた。

ブチャ、破壊から再建へ-ウクライナ

(2023年02月04日)

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)
→その他のニュース