タリバン支配下で宗教的少数派が「急速に縮小」

(2021年10月9日)

2021年9月12日(日)、アフガニスタンのカブールで夜間パトロール中の車両の後部に乗るタリバンの戦闘員たち。タリバンは戦士から都市警察へとシフトしている。


 アフガニスタンの宗教的少数派のコミュニティーが、8月15日にイスラム主義組織タリバンが首都カブールを支配下に置いて以降、「急速に縮小」し、「ほぼ消滅」しようとしている―「米国際信教の自由委員会(USCIRF)」が6日、明らかにした。

 USCIRFの6日の会合で、タリバンによる新政権下のアフガンの市民権、信教の自由をめぐって議論が交わされた。アフガンの新指導者らの多くは、国民にシャリア(イスラム法)を厳格に適用した1990年代後半のタリバン政権に参加していた。  

 USCIRFのナディーン・マエンザ委員長は、中央アジアの一国、アフガンの信教の自由の今後に関して開催したこのオンライン「対話」で、「アフガンの宗教的少数派、タリバンのイスラム解釈を受け入れない全アフガン人に危険が迫っている」と指摘した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

「債務の罠」に陥る途上国、中国「一帯一路」の問題点浮き彫り

(2021年10月02日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年09月26日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)

核戦力増強進める中国 米、対中スパイ活動強化へ

(2021年09月17日)
→その他のニュース