中露首脳欠席、気候変動サミットに暗雲

(2021年10月30日)

2021年1月14日(木)、ドイツ・ヴィスマール港でロシアのパイプ敷設船「フォルトゥナ」の位置に着くタグボート。この特殊船は、バルト海の独露ノルドストリーム2ガスパイプラインの建設工事に使用されている。(Jens Buettner/dpa via AP)


 世界最大の温室効果ガス排出国、中国の国家主席は参加しない。ロシアのプーチン大統領も参加しない。世界がロシアの化石燃料を輸入し、燃やすのをやめれば、ロシア経済は破綻する。  

 両国トップの欠席に加えて、インド、ブラジル、メキシコなど他の主要な汚染国は、弱く曖昧な気候変動対策しか出しておらず、31日にスコットランドのグラスゴーで始まる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に暗雲が漂っている。  

 バイデン大統領は、「喜んで」出席すると述べた。バイデン政権は、かつてない規模の温室効果ガス排出削減を約束し、貧困国の気候変動対策支援を倍増させると宣言しているが、世界的なエネルギー危機と新型コロナウイルスの影響でCOP26への機運は高まっていない。  

 また、トランプ前大統領が2017年、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」を離脱、米国は国際社会から激しく非難された。協定は、拘束力のない排出削減計画で、2015年の国連気候サミットで採択され、190カ国以上が署名した。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏、戦略的石油備蓄の放出を指示、ガソリン高騰はクリーンエネルギー推進が原因ではないと主張

(2021年12月01日)

「イカゲーム」販売の男に銃殺刑 外国の映像流入を警戒-北朝鮮

(2021年11月28日)

「ハバナ症候群」CIA長官がロシアに警告

(2021年11月27日)

米中関係の転換点

(2021年11月24日)

「秩序」確立し中国封じ込め AUKUS(オーカス)

(2021年11月21日)

中国の「要求リスト」拒否、バイデン米政権の強硬姿勢は変わらず

(2021年11月17日)

ロシア軍の増強とウクライナ侵略を警告、ブリンケン国務長官

(2021年11月13日)

米、中央アジアへの軍事拠点を模索 ロシアは「侵略」と反発

(2021年11月10日)

バイデン氏、COP26で気候変動への取り組みアピール

(2021年11月04日)

対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)
→その他のニュース