バイデン氏、COP26で気候変動への取り組みアピール

(2021年11月4日)

2021年11月1日(月)、スコットランドのエディンバラで開催されたCOP26国連気候サミットに出席するため、エディンバラ空港に到着したジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領は1日、スコットランドで開催された大規模なサミットに出席し、ワシントンでは自身の計画が宙に浮いているにもかかわらず、気候変動に対する米国の過去最大の取り組みを実現することを約束した。

 バイデン氏は、グラスゴーで開催された国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で、他の国際的な指導者たちとともに、よりクリーンなエネルギーと「気候に優しい」手法に5550億㌦の投資を行い、2030年に温室効果ガスの排出量を2005年比で50%削減することを目指すと表明した。

 しかし、ホワイトハウスが先週発表した、道路・橋梁のインフラ整備法案と、それに付随する社会的支出の法案を通過させるための枠組みの最終的な詳細をめぐって、自党の議員らが争っているため、バイデン氏はその目的を果たすために必要な立法上の勝利を得られないまま会議に臨むことになった。

 バイデン氏は10月31日、「神の思し召しにより」今週中に議会でこの包括的な法案を採決すると述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン氏、戦略的石油備蓄の放出を指示、ガソリン高騰はクリーンエネルギー推進が原因ではないと主張

(2021年12月01日)

「イカゲーム」販売の男に銃殺刑 外国の映像流入を警戒-北朝鮮

(2021年11月28日)

「ハバナ症候群」CIA長官がロシアに警告

(2021年11月27日)

米中関係の転換点

(2021年11月24日)

「秩序」確立し中国封じ込め AUKUS(オーカス)

(2021年11月21日)

中国の「要求リスト」拒否、バイデン米政権の強硬姿勢は変わらず

(2021年11月17日)

ロシア軍の増強とウクライナ侵略を警告、ブリンケン国務長官

(2021年11月13日)

米、中央アジアへの軍事拠点を模索 ロシアは「侵略」と反発

(2021年11月10日)

中露首脳欠席、気候変動サミットに暗雲

(2021年10月30日)

対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)
→その他のニュース