「秩序」確立し中国封じ込め AUKUS(オーカス)

(2021年11月21日)

2016年7月19日、オーストラリアのキャンベラにあるガバメントハウスで、ピーター・コスグローブ総督からニューサウスウェールズ州の上院議員として宣誓されるアーサー・シノディノス。(AP写真/Rob Griffith)

By Mike Glenn – The Washington Times – Thursday, November 18, 2021

 アーサー・シノディノス駐米オーストラリア大使は、9月に発足した米英豪の安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」について、豪州の原潜建造支援など兵器をめぐる合意にとどまるものではなく、「ルールに基づく秩序」を確立し、中国を封じ込めることが目的だと強調。国防費の国内総生産(GDP)比2・5%への増額を目指していることを明確にした。

 シノディノス氏は17日、ワシントンでの国防担当記者団との会合で、オーカスの主要目的は、戦略地政学的な焦点がインド太平洋にシフトする中で、「世界的なルールに基づく秩序」を構築することにあると指摘。20世紀後半から今世紀にかけての「主要テーマ」は中国の経済的、軍事的大国としての台頭だと強調した上で、「目指しているのは中国をこの秩序に取り入れることだ」と述べた。

 また、オーカスは「国家を超えた」枠組みとの見方を示す一方で、「情勢は変わった。自国だけでは対応できず、米国も同じことを考えている。力を合わせ、戦力を増強する」と、多国間で中国の封じ込めに取り組む必要性を訴えた。

 さらに、オーストラリアが軍事力の増強を進め、国防費のGDP比2・5%への増額を目指していることを強調した。

 シノディノス氏は、オーカス発足は大きな進展だが、「特効薬」ではないと指摘、「欧州各国は、インド太平洋で起きることが、自国に大きな影響を及ぼすことを知っている」と、欧州が太平洋地域への関心を強めることに期待を表明した。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)
→その他のニュース