「イカゲーム」販売の男に銃殺刑 外国の映像流入を警戒-北朝鮮

(2021年11月28日)

Netflix公開「イカゲーム」のシーン。韓国が制作したNetflixの世界的な人気番組「イカゲーム」は、経済的に困窮した数百人の登場人物が、深刻な借金から逃れるチャンスを得るために、命がけの子供向けゲームで競い合う様子を描いているが、家計の借金の急増、衰退する雇用市場、悪化する所得格差に対する不満が高まっている国内では、神経を逆なでするような内容となっている。(Youngkyu Park/Netflix via AP)

By David R. Sands – The Washington Times – Thursday, November 25, 2021

 米動画配信大手ネットフリックスの韓国ドラマ「イカゲーム」を違法にコピーし、販売したとして北朝鮮の男が銃殺刑の判決を受けていたことが明らかになった。北朝鮮では、金正恩総書記が韓国のポピュラー音楽、Kポップを「悪質ながん」と呼ぶなど、外国の映画、音楽の流入に警戒を強めている。

 米政府系の「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、USBメモリーを購入した高校生1人が終身刑、視聴した友人らは長期の重労働刑を科されたという。イカゲームは、ゲームの参加者のうち勝者が大金を手にする一方で、敗者は殺されるという「ディストピア(暗黒郷)ドラマ」。9月の配信開始後、100カ国近くで視聴され、空前の大ヒットを記録している。

 北朝鮮は昨年末、米韓など資本主義国からの「反動的思想・文化」の販売、視聴に死刑を科すことを可能にする「反動的思想・文化排除法」を制定、国外の映像、音楽などを排斥する姿勢を強めている。同法が適用されるのはこれが初めて。

 北朝鮮対外宣伝メディア「メアリ」は10月、イカゲームを「弱肉強食、腐敗が台頭し、悪がはびこる韓国社会の現実を露呈」したと批判していた。

 韓国は、映画「パラサイト」がオスカーを受賞、Kポップが世界的に大ヒットするなど、文化的影響力を強めており、韓国の体制を劣等で不平等としてきた北朝鮮は反発を強めている。

中国が情報戦を支配している 台湾のAI技術者が警告

(2024年02月20日)

ウクライナに学び、中国に備えよ ミリー前統参議長

(2024年02月15日)

「神の力が働いた」ポーランド元大統領ワレサ氏、ウクライナ・新世界秩序を語る

(2024年02月14日)

中国人技術者、ミサイル技術窃取で逮捕

(2024年02月13日)

北朝鮮情勢「見通し立たず」―元米情報長官

(2024年02月10日)

ブリンケン国務長官の中東構想は夢物語

(2024年01月27日)

中国人AI科学者に助成金 米議会が調査

(2024年01月24日)

各国議会・政府に浸透するAI

(2024年01月21日)

「強風と高波」台湾選挙で中国に逆風

(2024年01月19日)

NSAの元工作員、エプスタイン氏はイスラエルの組織の一員だった

(2024年01月12日)
→その他のニュース