中露など 米コロナ失業給付を不正取得 「十分な監視が行われず」

(2021年12月2日)

在北京米国大使館が主催する米国大統領選挙イベントで、ホテルの外に掲げられた米国と中国の国旗。(AP Photo/Andy Wong)


 米政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う失業者への経済的支援を行ってきたが、失業保険追加給付金の多くが中国、ロシアなどの敵対国の手に渡っていたことが明らかになった。

 調査分析企業レクシスネクシス・リスク・ソリューションのヘイウッド・タルコーブCEO(最高経営責任者)がワシントン・タイムズに明らかにしたところによると、新型コロナによる失業者への給付7000億㌦(約80兆円)以上のうち40%は不正に取得され、そのうちの6割超に当たる1750億㌦が海外に送られていた。そのうちの1400億㌦が国営の組織の手に渡っていた可能性があるという。

 タロコーブ氏は「十分な監視が行われず、この種の給付が実施される際に必要なはずの手順が踏まれていないことに怒りを感じる」とした上で、失業給付がロシア人、中国人、ナイジェリア人、ルーマニア人の手に渡っていたことを明らかにした。

 議会は当初、既存の失業保険に加え、週600㌦を支給することを承認。給付は延長され、週300㌦に縮小されていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)

コロナ関連給付が中国・ロシアに流出?下院共和党が調査を要求

(2021年12月10日)

中国、感染拡大で新監視システム

(2021年11月14日)

中国の危険な研究に加担するファウチ博士

(2021年11月03日)

破綻した「大きい政府は良い政府」神話

(2021年10月28日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)
→その他のニュース