中露など 米コロナ失業給付を不正取得 「十分な監視が行われず」

(2021年12月2日)

在北京米国大使館が主催する米国大統領選挙イベントで、ホテルの外に掲げられた米国と中国の国旗。(AP Photo/Andy Wong)

By Stephen Dinan – The Washington Times – Monday, November 29, 2021

 米政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う失業者への経済的支援を行ってきたが、失業保険追加給付金の多くが中国、ロシアなどの敵対国の手に渡っていたことが明らかになった。

 調査分析企業レクシスネクシス・リスク・ソリューションのヘイウッド・タルコーブCEO(最高経営責任者)がワシントン・タイムズに明らかにしたところによると、新型コロナによる失業者への給付7000億㌦(約80兆円)以上のうち40%は不正に取得され、そのうちの6割超に当たる1750億㌦が海外に送られていた。そのうちの1400億㌦が国営の組織の手に渡っていた可能性があるという。

 タロコーブ氏は「十分な監視が行われず、この種の給付が実施される際に必要なはずの手順が踏まれていないことに怒りを感じる」とした上で、失業給付がロシア人、中国人、ナイジェリア人、ルーマニア人の手に渡っていたことを明らかにした。

 議会は当初、既存の失業保険に加え、週600㌦を支給することを承認。給付は延長され、週300㌦に縮小されていた。

 タルコーブ氏によると、新型コロナに伴う追加失業給付は平均で2万6000㌦。州が運用する従来の失業手当は規模が小さいため検査体制も緩く、新型コロナ対策で大幅に拡充されたため不正の標的となったという。

バイデン米政権が「反ワク本」検閲でアマゾンに圧力

(2024年02月12日)

武漢ウイルス研究所への助成を10年間禁止―米政府

(2023年09月22日)

新型コロナは武漢ウイルス研究所で作られた 米国防総省が報告

(2023年09月01日)

コロナ発生源、判断に消極的な情報機関

(2023年07月05日)

ウイルス研究への資金提供制限を

(2023年06月16日)

政府の助成金 新たに確認 コロナ発生源疑いの武漢研究所に

(2023年06月05日)

研究所流出を排除してはならない-コロナ発生源めぐり中国ウイルス学者

(2023年06月04日)

コロナ封鎖緩和後も無力感-精神科医ら警告

(2023年04月25日)

コロナは研究所から2度流出、感染初期の株を解析-米上院報告

(2023年04月19日)

コロナへの対応誤ったバイデン政権

(2023年03月15日)
→その他のニュース