バイデン氏の民主主義サミットの招待リストは分裂を招いた

(2021年12月8日)

2021年12月1日(水)、ワシントンのホワイトハウス構内にあるサウスコート・オーディトリアムでジョー・バイデン大統領が講演を行う。(AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領が開催する「民主主義サミット」の目的は、米国がリーダーシップを発揮し、同じ志を持つ民主主義国を団結させることにあった。

 しかし、バイデン氏が2020年の大統領選挙で公約に掲げたこのサミットは、12月9日から10日に開催されるオンラインイベントの前に裏目に出る可能性がある。世界中の評論家や報道機関は、ホワイトハウスの招待国選出に疑問を呈しており、米国の敵対勢力は、リストから外れた国々への接近を図っている。

 110カ国の参加リストから外れた民主主義国としては、シンガポールが特に目立つ。一方で、パキスタンなどが参加することで、選出の背景にどのような戦略的な計算があるのか憶測が広がっている。

 また、北大西洋条約機構(NATO)の重要な同盟国であるトルコも参加しない。イラクは、隣国イランの聖職者支配体制の影響を強く受けた議会を持っているにもかかわらず招待された。

 トルコは中国やロシアなどとひとくくりにされ、リストから外された。ロシアと中国は、この機会をとらえて、サミットの構想そのものを非難し、緊張感を生み出している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


G7サミット、主要議題はウクライナ侵攻と中国の影響力

(2022年07月02日)

ジェイク・サリバン氏、ウクライナの新支援策に防空システムを含むと発言

(2022年07月01日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)
→その他のニュース