北京五輪の外交ボイコット、ウイグルは歓喜、EUは肩をすくめた対応

(2021年12月14日)

2021年12月7日(火)、中国・北京で行われた記者会見で質問を受ける中国外務省の趙立堅報道官。中国は7日、米国が2月の北京冬季大会を外交的にボイコットすることを発表し、オリンピック精神に反すると非難した。(AP写真/Liu Zheng)


 中国は7日、北京冬季五輪の外交的ボイコットを発表した米国を非難したが、一方でこの米国の決定は中国の少数民族弾圧に注目を集めたとして、ウイグル人権団体によって歓迎された。

 欧州諸国は、立場を明確にせず、安全策を取った。

 中国外務省報道官は7日、中国のイスラム教徒であるウイグル人などの少数民族に対する扱いに抗議するため、政府関係者を派遣しないというバイデン大統領の決定は、五輪の精神に反していると述べた。

 趙立堅報道官は記者団に対し、米国は「イデオロギー的偏見から、嘘や噂に基づき」北京冬季五輪に干渉しようとしていると語った。

 同報道官は、ボイコットは「五輪憲章によって定められたスポーツの政治的中立性の原則に対する深刻な違反であり、五輪のモットー『より団結』と相いれない」と述べた。

 趙氏はまた、中国は対抗措置をとると述べたが詳細は明らかにしなかった。

 「米国は、その行いに対して代償を払うだろう。皆さんには待っていてもらいたい」と同氏は述べた。

 ウイグル人権団体は、世界に中国の不法行為に関するメッセージを送ったとして、ボイコットを称賛した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

米露電話会談、ウクライナめぐる緊張緩和につながらず

(2022年01月05日)

アフガンの反タリバン抵抗勢力、米国の支援得られず

(2022年01月04日)

アフリカで勢力伸ばすイスラム国

(2022年01月02日)
→その他のニュース