バイデン氏が見捨てた同胞

(2021年12月15日)

2021年8月30日、米空軍提供の写真で、アフガニスタン・カブールのハミド・カルザイ国際空港で、非戦闘員避難作戦の最終ミッションを支援する米空軍C-17グローブマスターIII機に搭乗する第816遠征空輸中隊所属の空軍搭乗員が、第82空挺師団所属兵士の受け入れを準備している。(Senior Airman Taylor Crul/U.S. Air Force via AP)


 ダグラス・マッカーサー元帥はかつて、「規則は大抵、破られるべくして作られるものだ」と皮肉を言った。戦場で命が危機にひんしている時ほど、規則破りが重大な結果をもたらすことはない。アフガニスタンのタリバンの大物支配者が権力の座に復帰したことは、派閥テロから機能的統治へと、国家の移行を導くことを目的として打ち立てられたはずのもろもろの政策に対する蔑視を明示している。

 ボクサー、マルケスがクインズベリー・ルール(訳注:19世紀に英国のクインズベリー侯爵の主導で作られたボクシングの規則)に従ったフェアプレーの話が、ここに出てくる互いに殺し合うような宗教の違う戦闘員には、ピンとこないことは理解できる。とはいえ、タリバンがやっているような裏切り行為に平和の訪れは期待できない。

 米国務省は、以前のアフガン治安部隊の「皆殺しと強制的失踪」をめぐって、タリバンを非難するために世界中の同盟国を結集させた。「私たちは、申し立てられている行為は深刻な人権侵害であり、タリバンが公表した恩赦に矛盾するということを明言する」と、米国、EU(欧州連合)、英国その他の国々が4日に発表した声明には書かれていた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)
→その他のニュース