オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

ドイツ・ミュンヘンからマイアミ国際空港に到着したルフトハンザ便(2021年11月8日、マイアミ)。COVID-19のオミクロン変異型に大きく関連する病気が、忙しい年末年始の旅行シーズン中に乗務員の数に損害を与えるため、3つの大手航空会社が数十便をキャンセルしていると報告。


 航空各社は、新型コロナウイルスオミクロン株の感染が急拡大しているため、クリスマスイブに数千便のフライトをキャンセルした。

 航空機追跡サイト「フライト・アウェア」によると、24日の時点で全世界で2000便以上がキャンセルされた。そのうち500便近くが米国内、米国発着の便だ。

 航空会社によると、オミクロン株の感染拡大が一因だという。

 ユナイテッド航空は声明で、「今週、オミクロン株が全国で急増し、当社の乗務員や運行管理者に直接的な影響を及ぼしました」と発表した。

 「その結果、残念ながら一部のフライトをキャンセルせざるを得なくなり、影響を受けたお客様には空港に来る前に事前にお知らせしています。混乱を招いてしまい申し訳ありません。できるだけ多くの方に予約を取り直し、休日にお出かけいただけるよう努力しています」

 ユナイテッドは24日朝の時点で、170便をキャンセルしている。

 デルタ航空は、約135便のキャンセルの背景には悪天候もあると述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

サプライチェーンの混乱、中国のコスト上昇で製造業の仕事が米国に「リショアリング」される

(2021年12月31日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

バイデン政権では半導体不足の解消に数年かかる

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)

民主党、大統領による1.75兆ドルの「ビルド・バック・ベター法案」の挫折を受け入れず

(2021年12月23日)

バイデン氏、テキサス州中絶法めぐり最高裁を非難

(2021年12月18日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)
→その他のニュース