バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年1月5日)

COVID-19の対応とワクチン接種について話すジョー・バイデン大統領(2021年12月21日火曜日、ワシントンのホワイトハウスのステートダイニングルームにて) (AP Photo/Patrick Semansky)


 バイデン政権発足から1年。40年近くで最高のインフレ率をもたらし、アフガニスタンに米国人を置き去りにし、新型コロナウイルスは依然、猛威を振るい、民主党主導の大都市では殺人事件が記録的な数に上り、南部国境の危機はというと、何千人もの不法移民が越境し、毎月のように追跡調査をされることなく、解放されている。

 バイデン氏は今週、新型コロナに敗北した。知事らとの会談で、「連邦政府には打つ手がない」と認め、新型コロナの患者数が史上最高を記録する中、休暇のためデラウェア州のビーチハウスに向けて飛び立った。

 バイデン政権にできることはたくさんあったはずだが、効果的な対策を取らなかった。

 バイデン氏が感染拡大を抑え込み、勝利宣言をした7月4日の直後、検査薬の主要メーカーのアボット研究所は、その在庫品を廃棄し始めた。15分間でできる抗原検査による売り上げが急減したため、労働者を解雇し、供給業者との契約をキャンセルし、イリノイ州の工場を閉鎖した。連邦政府が新型コロナの季節性を理解している会社との契約を確保していたら、恐らくクリスマス・シーズンの検査薬不足は起こらなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)

コロナ関連給付が中国・ロシアに流出?下院共和党が調査を要求

(2021年12月10日)

中露など 米コロナ失業給付を不正取得 「十分な監視が行われず」

(2021年12月02日)

中国、感染拡大で新監視システム

(2021年11月14日)

中国の危険な研究に加担するファウチ博士

(2021年11月03日)

破綻した「大きい政府は良い政府」神話

(2021年10月28日)

新型コロナの子供への影響

(2021年10月06日)
→その他のニュース