米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年1月10日)

2019年7月10日(水)、ペンシルベニア州ウィンドバーの旧ユリカ百貨店にあるペトルニックのキッチン、ドア、ムーア店の外に掲げられたアメリカ国旗の後ろに日が昇っている。(Todd Berkey/The Tribune-Democrat via AP)


 米国民の大部分が、米国の社会・文化は衰退していると感じていることが最新の世論調査から明らかになった。

 調査会社トラファルガー・グループの調査によると、76・8%が「米国の社会と文化は衰退している」と回答、「発展している」と答えたのはわずか9・8%だった。

 民主党、共和党支持者どちらでも同様の傾向が見られるが、共和党支持者に衰退していると感じている人が多く、85・9%に達している。民主支持者では61%、無党派では81・%だった。

 2016年にトラファルガーを設立した調査人ロバート・カハリー氏は、「社会的、文化的にどのように衰退しているとみるかは人によるが、明らかなのは誰もが不満を持っているということだ。左派は、十分に『ウォーク(差別などに敏感)』になっていないと感じ、右派は『ウォーク』すぎると感じている」と指摘、不満を抱いていながらも右派と左派で感じ方が大きく違っていると指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年07月05日)

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年07月03日)

米陸軍士官学校でも教えられる「批判的人種理論」

(2022年06月27日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

連邦法執行機関の政治化

(2022年06月15日)

中絶意見書案流出で最高裁の信頼喪失

(2022年06月03日)

新型コロナの影響で米国で離婚が急増

(2022年05月29日)

フロリダ州知事との対立受け、ディズニーへの評価が低下

(2022年05月28日)

検察、クリントン氏はFBIを「道具」として使った

(2022年05月26日)

胎児と移民との交換

(2022年05月25日)
→その他のニュース