米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年1月10日)

2019年7月10日(水)、ペンシルベニア州ウィンドバーの旧ユリカ百貨店にあるペトルニックのキッチン、ドア、ムーア店の外に掲げられたアメリカ国旗の後ろに日が昇っている。(Todd Berkey/The Tribune-Democrat via AP)


 米国民の大部分が、米国の社会・文化は衰退していると感じていることが最新の世論調査から明らかになった。

 調査会社トラファルガー・グループの調査によると、76・8%が「米国の社会と文化は衰退している」と回答、「発展している」と答えたのはわずか9・8%だった。

 民主党、共和党支持者どちらでも同様の傾向が見られるが、共和党支持者に衰退していると感じている人が多く、85・9%に達している。民主支持者では61%、無党派では81・%だった。

 2016年にトラファルガーを設立した調査人ロバート・カハリー氏は、「社会的、文化的にどのように衰退しているとみるかは人によるが、明らかなのは誰もが不満を持っているということだ。左派は、十分に『ウォーク(差別などに敏感)』になっていないと感じ、右派は『ウォーク』すぎると感じている」と指摘、不満を抱いていながらも右派と左派で感じ方が大きく違っていると指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


女子生徒をトランス男子に誘導、母親が教員を提訴

(2022年01月26日)

トランスジェンダーに使う代名詞が人々の考えに影響

(2022年01月23日)

息子を射殺された母親、犯人を保釈させた非営利団体を非難

(2022年01月16日)

「1月6日」の国民感情をあおるな

(2022年01月12日)

アンティファ暴徒の起訴取り下げ、警官に暴行

(2022年01月06日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)

ダーラム特別検察官:スティール文書の情報源の弁護人は利益相反

(2021年12月26日)

人気ドラマ「ザ・チョーズン」、シーズン3撮影開始へ

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)
→その他のニュース