米国の社会・文化衰退、政治の二極化原因か-世論調査

(2022年1月10日)

2019年7月10日(水)、ペンシルベニア州ウィンドバーの旧ユリカ百貨店にあるペトルニックのキッチン、ドア、ムーア店の外に掲げられたアメリカ国旗の後ろに日が昇っている。(Todd Berkey/The Tribune-Democrat via AP)

By Sean Salai – The Washington Times – Thursday, January 6, 2022

 米国民の大部分が、米国の社会・文化は衰退していると感じていることが最新の世論調査から明らかになった。

 調査会社トラファルガー・グループの調査によると、76・8%が「米国の社会と文化は衰退している」と回答、「発展している」と答えたのはわずか9・8%だった。

 民主党、共和党支持者どちらでも同様の傾向が見られるが、共和党支持者に衰退していると感じている人が多く、85・9%に達している。民主支持者では61%、無党派では81・%だった。

 2016年にトラファルガーを設立した調査人ロバート・カハリー氏は、「社会的、文化的にどのように衰退しているとみるかは人によるが、明らかなのは誰もが不満を持っているということだ。左派は、十分に『ウォーク(差別などに敏感)』になっていないと感じ、右派は『ウォーク』すぎると感じている」と指摘、不満を抱いていながらも右派と左派で感じ方が大きく違っていると指摘した。

 カハリー氏は、これは国内政治で強まる分断を反映したものとみられ、不満の内容にもほぼ共通点がないと指摘、「右と左の政治家らは互いに理性的な話し合いができず、感情が高ぶっている。いずれ落ち着くだろうが、今は二極化し、それに国民が不満を感じている」と強調した。

 回答者は有権者1076人で、昨年12月17日から21日にかけて実施された。

ただ乗り生活は非米国的

(2022年11月30日)

バイデン政権の反化石燃料政策で自然保護基金が危機に

(2022年11月26日)

中国当局者に禁錮20年-米でスパイ活動、航空機企業の技術情報狙う

(2022年11月19日)

連邦控訴裁、バイデン氏の学生ローン免除を差し止め

(2022年11月18日)

陰謀組織が政府を支配-世論調査

(2022年11月10日)

高い物価・犯罪率に苛立つ有権者から離れてしまった民主党

(2022年11月08日)

国民に信頼されていないFBI

(2022年11月02日)

法律顧問がウォーク文化に対抗する力を得る

(2022年10月29日)

保守勢力、選挙健全化で投票監視ボランティアを多数募る

(2022年10月27日)

逮捕の反中絶キリスト教徒 司法省を非難

(2022年10月26日)
→その他のニュース