「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年1月15日)

2021年2月3日(水)、中国湖北省の武漢で世界保健機関チームが訪問した際、武漢ウイルス研究所の入り口付近に集まった警備員たち。保守系調査団体が公開した文書によると、DARPAに勤務する海兵隊の将校が2021年8月、COVID-19パンデミックの背景にあるウイルスを研究した結果、武漢ウイルス研究所でワクチン研究の一環として生産されたと結論付けたことを覚書で明らかにした。(AP Photo/Ng Han Guan)


 米国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)の研究員だった海兵隊将校が昨年8月に作成した文書で、新型コロナウイルスは中国・武漢ウイルス研究所で行われていたワクチン研究の一環で作られたとの結論を出していたことが分かった。保守系調査報道団体「プロジェクト・ベリタス」が入手した文書から明らかになった。

 それによると、ジョセフ・マーフィー少佐は昨年8月13日に国防総省監察官に提出した文書で、新型コロナを分析した結果、米非営利団体エコヘルス・アライアンスと国立衛生研究所(NIH)、武漢ウイルス研究所が問題視されている機能獲得研究で新型コロナを作り出したと結論付けている。

 マーフィー氏は現在、海軍研究局に勤務。同氏によると、計画の詳細は2019年12月の新型コロナ発生後も伏せられていたが、エコヘルスが18年3月にDARPAに提示した補助金申請から新たな事実が浮かび上がった。

 この補助金申請は、コウモリ由来のコロナウイルスがもたらす脅威に対処することを目的としたDARPAの「プロジェクト・ディフューズ」に対して行われた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)
→その他のニュース