キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年1月22日)

2022年1月19日水曜日、アフガニスタンのカブールにある旧大統領官邸での経済会議で発言するタリバンのモハンマド・ハッサン・アクフンド首相。(Taliban Prime Minister Media Office via AP)


 キリスト教徒権利擁護団体の年次報告によると、アフガニスタンは、過去20年間で初めて北朝鮮を抜いて、キリスト教徒にとって最も危険な場所になった。

 「オープン・ドアーズ」は19日、「2022ワールド・ウォッチ・リスト」を公表、信仰を理由に100万人ものキリスト教徒が危険な目に遭っている50カ国を明らかにした。ナイジェリアとインドはトップ10に入り、中国は17位だった。

 60年以上前から活動を続けているオープン・ドアーズのデービッド・カリー会長は、「(世界で)3億6000万人ものキリスト教徒が、極度に激しい迫害が行われている場所に住んでいるとみている」と指摘した。

 「キリスト教徒は、少数派宗教としては最大であり、世界で迫害を受けている。人々はそれに気付いていない。米国にいれば自由だからだ」

 世界の国勢調査、人口統計データを集めたワールド・ポピュレーション・レビューによると、2020年のキリスト教徒の数は約23億8000万人、イスラム教徒は19億1000万人、ヒンズー教徒が11億6000万人、仏教徒が5億700万人。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)

ロシアはウクライナ西部、キーウに攻撃再開

(2022年04月18日)
→その他のニュース