中国、ロシアを間接的支援へ ウクライナ危機 台湾への圧力強化も

(2022年2月23日)

2022年2月4日(金)、北京で会談中の中国の習近平国家主席(右)とロシアのプーチン大統領(左)は、互いに話をする。中国の共産主義指導者たちは、ウクライナに対するロシアの軍事作戦を準連邦的に支援する一方で、他国の内政を尊重し、決して干渉しないという北京の宣言した政策の崩壊を避けるというジレンマに直面している。(Alexei Druzhinin, Sputnik, Kremlin Pool Photo via AP, File)


 中国は、ロシアがウクライナに侵攻した場合、表向きは他国への不干渉という従来の立場を維持しながらも、ロシアの軍事行動を間接的に支援するとみられている。ウクライナ侵攻を受けて、中国による台湾併合への取り組みはいっそう強まる可能性がある。

 中国は4日の中露首脳会談後の共同声明で、ウクライナへの軍事的圧力を強めるロシアを支持することを表明している。また、中国外務省の汪文斌報道官は、21日のロシアによるウクライナ東部2地域の独立承認を受けて、北大西洋条約機構(NATO)の拡大に反対するロシアへの支持を表明、「冷戦時の思考」を捨てるべきだと欧米を非難した。

 習近平国家主席は今月に入って、フランスのマクロン大統領との会談で、対話による解決を支持したものの、ロシアのNATO拡大反対への支持を撤回することはなく、ウクライナへの軍事圧力を黙認した格好だ。

 中国としては、ウクライナ侵攻への支持を明確にすれば、欧州の反発を招き、経済関係を損ねる可能性があり、ロシアを直接支援することは現状では、難しいとみられている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)
→その他のニュース