米情報機関:プーチン命令後も、ロシアの核部隊に変化なし

(2022年3月14日)

2022年3月5日(土)、ロシア・モスクワ郊外のアエロフロート航空学校を訪問したロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、飛行機のシミュレーターのコックピットに座っています。(スプートニク、クレムリン・プール・フォト via AP)


 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が核兵器使用の態勢が整っている、と公言してからも、ロシアの核部隊は通常以上の作戦態勢に移行してはいない、アヴリル・ヘインズ国家情報長官は火曜日、合衆国議会で言明した。

 ヘインズ長官は情報関連常設特別委員会の聴聞会で、米国の情報機関としての認識では、現在ウクライナ国内にいる10万人のロシア軍が激しい軍事的抵抗を受けているため、ロシア軍への支援行動が停滞しているようだと語った。

 またプーチン大統領が2月27日、ロシアの核部隊に高度で「特別の戦闘態勢」を指示したことについて、ヘインズ長官は「極めてまれなケースだ」とコメントした。同大統領の高度な特別態勢という発表では、正式に核の警戒態勢の単語が使われなかったものの、ロシアが核戦争を準備するような公式声明を発出したのは、1960年から初めてのこと。これは米国とNATO諸国がウクライナ紛争に介入しないことを狙ったものとみられる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)
→その他のニュース