ホワイトハウス、キーストーンXLパイプライン再開の予定はない

(2022年3月16日)

2022年3月9日(水)、ワシントンのホワイトハウスでの記者会見で話すホワイトハウスのジェン・サキ報道官。(AP写真/パトリック・セマンスキー)


 ジェン・サキ大統領報道官は9日、バイデン政権は「キーストーンXL」パイプラインの建設を再開しないと述べた。

 「建設再開の計画はない。再開しても、現在抱えている問題には何ら対処できないだろう」

 このパイプラインは、カナダから米国に日量70万バレルの石油を供給するものだった。共和党と一部のカナダ政府関係者は、米国は石油の供給量を増やそうとし、ガソリン価格は5ドルに向かって上昇していており、中止されたパイプラインの建設を再開すべきだと主張している。

 バイデン大統領が8日にロシアの石油輸入禁止を発表して以来、こうした声は高まっている。

 サキ氏は、パイプラインは単なる輸送手段であり、米国の石油供給量を増やすことには何の役にも立たないと述べた。

 「パイプラインは油田ではない。そのため供給量を増やすことはできない」

 オバマ政権は2015年、気候や衛生への懸念を理由に、このプロジェクトへの支援を取りやめた。トランプ前大統領が2017年にパイプラインを復活させ、2020年に着工した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年04月28日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

バイデン政権、米国内のエネルギー採掘再開で左右から激しい批判

(2022年04月23日)

気候変動補佐官が辞任か ホワイトハウスは否定

(2022年04月22日)

バイデン政権の気候変動に対するカルト的対応

(2022年04月14日)

イラン核協議とIRGCのテロ指定解除めぐりバイデン政権に圧力

(2022年04月02日)

バイデン氏、ウクライナ侵攻は民主と独裁の戦い

(2022年04月01日)

バイデン氏は若者の支持喪失 民主党議員が警告

(2022年03月31日)

バイデン政権に天然ガス増産圧力

(2022年03月31日)

ガス価格高騰で、ロシアや石油会社よりバイデン大統領を批判:世論調査

(2022年03月29日)
→その他のニュース