ホワイトハウス、キーストーンXLパイプライン再開の予定はない

(2022年3月16日)

2022年3月9日(水)、ワシントンのホワイトハウスでの記者会見で話すホワイトハウスのジェン・サキ報道官。(AP写真/パトリック・セマンスキー)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Wednesday, March 9, 2022

 ジェン・サキ大統領報道官は9日、バイデン政権は「キーストーンXL」パイプラインの建設を再開しないと述べた。

 「建設再開の計画はない。再開しても、現在抱えている問題には何ら対処できないだろう」

 このパイプラインは、カナダから米国に日量70万バレルの石油を供給するものだった。共和党と一部のカナダ政府関係者は、米国は石油の供給量を増やそうとし、ガソリン価格は5ドルに向かって上昇していており、中止されたパイプラインの建設を再開すべきだと主張している。

 バイデン大統領が8日にロシアの石油輸入禁止を発表して以来、こうした声は高まっている。

 サキ氏は、パイプラインは単なる輸送手段であり、米国の石油供給量を増やすことには何の役にも立たないと述べた。

 「パイプラインは油田ではない。そのため供給量を増やすことはできない」

 オバマ政権は2015年、気候や衛生への懸念を理由に、このプロジェクトへの支援を取りやめた。トランプ前大統領が2017年にパイプラインを復活させ、2020年に着工した。

 バイデン氏は就任初日に、パイプラインの許可を取り消す大統領令を出した。その建設を請け負うTCエナジー社は、2021年6月に90億ドルのプロジェクトを断念した。その時点で、パイプラインの10%以下しか建設されていなかった。

 カナダのアルバータ州の首相は、パイプラインの建設再開を要求した一人だ。

 ジェイソン・ケニー首相は今週の記者会見で、「米国が本気なら、戻ってきてキーストーンXLの建設を手伝ってくれるかもしれない。バイデン大統領が反対していなければ、今年中に完成していたはずだ。84万バレルの民主的エネルギーが、ウクライナ人の血で満たされた60万バレル以上のロシア製紛争石油に代わることができたはずだ」と述べた。

 パイプラインの建設を再開する代わりに、米国は失われたロシアの石油輸入を補うために、ベネズエラ、イラン、サウジアラビアに石油の供給を求めている。

「ゼロ炭素政策」とガスレンジ

(2023年01月19日)

キーストーンXL中止で数千の雇用と数十億ドルを喪失-米エネルギー省

(2023年01月12日)

ついに核融合が実現

(2022年12月21日)

結婚尊重法の調印後、虹色に照明されたホワイトハウス

(2022年12月17日)

バイデン政権の反化石燃料政策で自然保護基金が危機に

(2022年11月26日)

バイデンのエネルギー政策

(2022年10月19日)

バイデン政策の痛い教訓

(2022年09月29日)

共和党がエネルギープロジェクト迅速化へ対案を発表、民主党では足並みに乱れ

(2022年09月15日)

原発重視に転じる米国の環境保護主義勢力

(2022年09月13日)

バイデン政権、気候変動補佐官が退任、ナンバー2が昇格

(2022年09月08日)
→その他のニュース