ジャクソン氏の最高裁判事指名に、中絶反対(プロライフ)派は警戒

(2022年3月19日)

2021年4月28日、ワシントンのキャピトル・ヒルにて、コロンビア特別区連邦巡回控訴裁判事に指名されたケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏が、上院司法委員会の懸案の司法指名に関する公聴会で証言している。上院は、ケタンジ・ブラウン・ジャクソン氏を有力な連邦コロンビア特別区控訴裁の判事として僅差で承認する見通し。最高裁に空席が生じた場合、ジョー・バイデン大統領の候補に挙がるとの見方が強い。(Kevin Lamarque/Pool via AP)


 ケタンジ・ブラウン・ジャクソン判事が最高裁に承認される可能性があり、中絶反対(プロライフ)運動が鈍化するのではないかと保守派は警告している。

 中絶に関するジャクソン氏の記録はわずかしかないが、ワシントン連邦地裁にいた2018年に、一部の女性の生殖医療団体への資金援助を打ち切ろうとしたトランプ政権の措置に反対する判決を下している。

 また、マサチューセッツ州の中絶クリニック外でのプロライフの抗議活動に対する2001年の異議申し立てで、中絶支持(プロチョイス)団体の代理人を務めたこともある。

 プロライフの非営利団体「スーザン・B・アンソニー・リスト」のマージョリー・ダネンフェルザー代表は「ジョー・バイデン氏は、出産まで要求に応じて中絶できるロー対ウェイド判決を支持する判事のみを任命するという約束を果たそうとしている。この方針は非常に極端であり、支持しているのは、世界でも北朝鮮や中国など、ほんの一握りの国だけだ。私たちは、彼女が歴史上最も強く中絶を支持する政権と協力して、中絶権を法律で全国に定着させることは間違いないと考えている」と述べている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


無制限の中絶へと進む民主党

(2022年05月21日)

環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

マンチン氏、民主党の中絶法案を阻止

(2022年05月17日)

「共産主義の害悪」を学校で教える法律が米フロリダ州で成立

(2022年05月16日)

共和党議員、最高裁の情報流出でFBIの捜査要求

(2022年05月10日)

ハンター・バイデン氏のパソコンめぐり修理業者がシフ下院議員と報道機関を提訴

(2022年05月09日)

米国の人工妊娠中絶率、1973年の「ロー対ウェイド判決」以降で最低に

(2022年05月08日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

米共和党議員が各地でLGBT教育制限法案を提出

(2022年04月25日)
→その他のニュース