ハンター・バイデン氏のノートパソコン疑惑を否定した者たちは今、黙り込む

(2022年3月28日)

2021年1月20日(水)、ワシントンの連邦議会議事堂西側正面で行われたジョー・バイデン次期米大統領の就任式に到着したハンター・バイデン氏。ハンター・バイデンは、ウクライナのガス会社の役員を務めたことは倫理に反したことではなく、彼の判断力の欠如にはあたらないと述べている。しかし、彼は新著「Beautiful Things」の中で、その理由として党派的政治を挙げ、もう二度とやらないだろうと書いている。(Win McNamee/Pool Photo via AP, File)


 バイデン米大統領の息子ハンター氏の悪名高いノートパソコンは本物だった。だが、2020年にこれをロシアの工作活動と呼んで有権者を欺いた民主党の大物や情報機関関係者は今、嘘(うそ)の話を広めた責任から逃れている。

 リベラル派のニューヨーク・タイムズ紙が遅まきながら、ハンター氏のノートパソコンから見つかった電子メールやその他のファイルが本物であることを認めた。だが、それから1週間、20年の大統領選中にこの話をロシアのせいにした当局者や報道機関のほとんどがコメントを拒否、または自分たちが間違っていたか嘘をついていたことを認めようとしないのだ。

 19年にデラウェア州のコンピューター修理店でハンター氏が放棄したノートパソコンには、ウクライナと中国における同氏のビジネス関係の詳細が書かれた電子メールやその他のファイルが大量にあり、取引の一部で父親が関与していることを示す情報だった。トランプ大統領の弁護士だったルドルフ・ジュリアーニ元ニューヨーク市長は、このハードドライブを入手し、ニューヨーク・ポスト紙に引き渡した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)

ロシアはウクライナ西部、キーウに攻撃再開

(2022年04月18日)
→その他のニュース