バイデン政権に天然ガス増産圧力

(2022年3月31日)

2022年3月24日(木)、ベルギー・ブリュッセルのNATO本部でG7写真撮影に参加するカナダのジャスティン・トルドー首相(左)とドイツのオラフ・ショルツ首相(右)に挟まれながら指差すジョー・バイデン米大統領。(Sean Kilpatrick/The Canadian Press via AP)


 バイデン大統領は24日、ブリュッセルでロシア・ウクライナ戦争について協議するため北大西洋条約機構(NATO)と欧州の指導者らと緊急首脳会談を行った後、欧州のエネルギー安全保障に対する米国の関与を強調した。

 バイデン氏と欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、エネルギー協力に関する合同タスクフォースの創設を発表した。共同声明では、「欧州連合(EU)の当面のエネルギー安全保障上の必要性に対処し、クリーンエネルギーへの移行を加速させる」ことを約束した。

 声明によるとEUは、この地域が依存しているロシアの石油と天然ガスを、10年以内に段階的に削減することを計画している。

 「われわれは、クリーンエネルギーへの迅速な移行が、ロシアの化石燃料からのEUの独立を進めるために不可欠であることを理解しており、パリ協定の目標、2050年までに排出量を実質ゼロとし、気温上昇を1.5度に抑えるという目標を達成できるよう取り組んでいる」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

バイデン政権、米国内のエネルギー採掘再開で左右から激しい批判

(2022年04月23日)

気候変動補佐官が辞任か ホワイトハウスは否定

(2022年04月22日)
→その他のニュース