バイデン氏のプーチン大統領退陣要求に同盟国から異論

(2022年4月5日)

ロシアのウクライナ侵攻について演説するジョー・バイデン大統領(2022年3月26日土曜日、ワルシャワの王城にて)。(AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領は、週末にポーランドで熱のこもった演説を行い、ウクライナ戦争を引き起こしたロシアのプーチン大統領に退陣を強く要求したが、ウクライナ支持で団結しようとしている同盟国からは今のところあまり支持を得ていないようだ。

 フランスのマクロン大統領、英国とトルコの政府高官は皆、バイデン氏の発言から距離を置いた。外交政策アナリストらは、プーチン氏の地位を奪うことを戦争の明確な目的とすると、ロシアの流血の侵略を終わらせるための流れを複雑にしかねないと指摘している。

 27日にイスラエルを訪問したアントニー・ブリンケン国務長官は、米政府関係者としてバイデン氏の演説について説明し、ロシアの「体制転換」を求めることはないと主張した。

 バイデン氏は4日間の欧州歴訪で、ロシアによるウクライナ侵攻を非難し、歴訪を締めくくる演説の最後に、プーチン氏は「虐殺者」であり、「この男は権力の座に留まってはならない」と訴えた。ホワイトハウス当局者によると、バイデン氏の発言は、事前に用意されたスピーチ原稿にはなかった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)
→その他のニュース