コロナ拡大による国境封鎖政策を廃止へ 混乱に備える国境

(2022年4月9日)

米国とメキシコの国境を歩くニカラグアの移民たち(2021年12月2日、メキシコ・バハカリフォルニア州アルゴドネスにて)。一行は歩いて米国に入り、国境警備隊に亡命を求めて出頭した。バイデン政権は、COVID-19の拡散を防ぐために実施された米国とメキシコの国境での徹底的な亡命制限を5月23日までに終了させる計画案を持っていると、この計画に詳しい関係者は述べている。(AP写真/フェリックス・マルケス)


 ビル・ハガティ上院議員(共和、テネシー州)は、バイデン政権が新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態の解除と不法移民への国境開放を決定したというニュースが流れた1日、国境警備隊員と一緒に夜の点呼の場にいた。

 ハガティ氏は、国境警備隊が最も恐れていたことが現実となり、「憂鬱な雲」が隊員らの上に立ち込めたと語った。国土安全保障省の緊急時対応計画によると、すでに1日約8000人という記録的な水準に達している国境での検挙者が、1万8000人に急増する可能性があるという。

 国境警備隊は、不法入国者の約半数を直ちに追放できるとした国境政策「タイトル42」でこのような事態に対抗できると考えていたが、政府は1日、タイトル42は5月23日に失効すると発表した。

 ハガティ氏は3日間の国境訪問を振り返ってワシントン・タイムズ紙に「落胆と憂鬱のレベルは信じられないほどだった」と語った。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)

マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年04月28日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)
→その他のニュース