政権と共和党、ウクライナ戦争めぐり対立

(2022年4月15日)

2022年2月1日(火)、ウクライナ東部ルハンスク州の前線基地でメディアのインタビューに応じるウクライナの軍人が、銃弾にまみれたロシアのプーチン大統領の肖像を背に話している。(AP写真/Vadim Ghirda)

By Ben Wolfgang – The Washington Times – Sunday, April 10, 2022

 ウクライナ侵攻の幕引きをめぐる意見の違いが10日朝、鮮明になった。バイデン政権幹部は、ロシアとの交渉の場でのウクライナの立場を改善したいと主張し、議会共和党幹部は、米国はロシアの完全な敗北に貢献できると訴えた。

 ロシアとウクライナの紛争の次の段階へ米国内で意見が割れている中、ロシアは、首都キーウ占領でみじめな失敗を喫し、戦闘プランの見直しを進めている。ロシア軍は現在、ウクライナ東部、特にドンバス地域に対する大規模な攻撃の準備を進めている。

 ロシア軍が背後に迫り、犠牲者が増える中、米国と北大西洋条約機構(NATO)の同盟国はウクライナへの戦車や戦闘機などの攻撃用兵器の輸送を劇的に増加させるべきだと共和党の有力議員らは主張している。

 その目的は、交渉による解決ではなく、ロシアのプーチン大統領とその軍隊を明確に敗北させることだという。

 共和党の上院院内総務ミッチ・マコネル氏(ケンタッキー州)は「FOXニュース・サンデー」で、「ウクライナ人が勝利し、ロシア軍を打ち負かし、ロシア軍が撤退することを望んでいる。それがわれわれの目標であるべきだ」と語り、ロシア・ウクライナ戦争の最終的な終結に対する政権のアプローチを批判した。

 「彼らはまだその目標を理解していない。目標はウクライナが勝つことだ 」

 政権幹部は、ロシアのウクライナ侵攻が失敗に終わることを望んでいることをはっきりと表明している。しかし、ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は紛争を永久に終わらせるためにモスクワに譲歩しなければならないかもしれないという事実も受け入れているようだ。

 ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)はCNNの「ステート・オブ・ザ・ユニオン」で、ウクライナ軍を強化する米国の努力は、ロシアに対してより大きな影響力を与えることが目的だと語った。

 「ロシアは(キーウから)撤退した。それは、勇敢で激しいウクライナの抵抗に直面したからだ。しかし、ウクライナは、米国が提供した米国の武器と西側諸国の武器で武装していた。われわれはそれを誇りに思っている。今後も支援を続ける。そして、ウクライナ人が戦場で勝利し、交渉の席での立場を有利にするために、可能な限りの手段を講じ続ける」

 これに対して、ロシアの敗北とウクライナからの無条件撤退に焦点を当てるべきだと言う批判もある。

 共和党のリズ・チェイニー下院議員(ワイオミング州)氏は10日、CNNで、「米国がゼレンスキー氏の勝利に絶対的にコミットしていることを明確にすることが決定的に重要だ。私たちは、交渉の席でゼレンスキーの立場を向上させるなどという話をすべきではない。これはウクライナでロシア軍を打ち負かすためのものだ」と述べた。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)
→その他のニュース