政権と共和党、ウクライナ戦争めぐり対立

(2022年4月15日)

2022年2月1日(火)、ウクライナ東部ルハンスク州の前線基地でメディアのインタビューに応じるウクライナの軍人が、銃弾にまみれたロシアのプーチン大統領の肖像を背に話している。(AP写真/Vadim Ghirda)


 ウクライナ侵攻の幕引きをめぐる意見の違いが10日朝、鮮明になった。バイデン政権幹部は、ロシアとの交渉の場でのウクライナの立場を改善したいと主張し、議会共和党幹部は、米国はロシアの完全な敗北に貢献できると訴えた。

 ロシアとウクライナの紛争の次の段階へ米国内で意見が割れている中、ロシアは、首都キーウ占領でみじめな失敗を喫し、戦闘プランの見直しを進めている。ロシア軍は現在、ウクライナ東部、特にドンバス地域に対する大規模な攻撃の準備を進めている。

 ロシア軍が背後に迫り、犠牲者が増える中、米国と北大西洋条約機構(NATO)の同盟国はウクライナへの戦車や戦闘機などの攻撃用兵器の輸送を劇的に増加させるべきだと共和党の有力議員らは主張している。

 その目的は、交渉による解決ではなく、ロシアのプーチン大統領とその軍隊を明確に敗北させることだという。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)
→その他のニュース