中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年5月9日)

022年冬季五輪を前に、ゲンティン・スノーパークで揺れる米国と中国の国旗(2022年2月2日、中国・張家口にて)。(AP Photo/Kiichiro Sato, File)


 中国政府は先月下旬、緊急会合を開き、西側による制裁からの自国の防衛について協議した。ロシアのウクライナ侵攻を受けたものとみられ、米情報機関は、中国による台湾侵攻への準備の一環の可能性があるとみている。

 4月22日に実施された会合には、中央銀行にあたる中国人民銀行、財政省、英金融大手HSBCなど国際金融機関が参加。これは、中国が台湾侵攻の準備を進めている重要な兆候とみるべきだ。

 英紙フィナンシャル・タイムズは4日、中国企業がロシア原油の購入を増やしていると報じた。一方、国有企業は、西側からの制裁の恐れからか、ロシア原油購入を手控えているという。中国の外貨準備は3兆2000億㌦とみられ、経済制裁を受ければ凍結される恐れがある。2月24日のウクライナ侵攻を受けて、約6300億㌦のロシア資産が凍結されている。

 中国の習近平国家主席は、あらゆる手段を講じて台湾を併合するとみられているが、中国政府高官らは、ウクライナ侵攻による欧米との衝突にロシアのプーチン大統領がどう対処するかを注視している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)

バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年04月10日)
→その他のニュース