米北方軍、本土に対する中露北からの脅威は高まっている

(2022年6月6日)

2021年8月27日(金)、ワシントンのペンタゴンで行われたジョン・カービー報道官(写真なし)が司会を務めるブリーフィングで、アフガニスタンの状況やアフガン人の避難について話すグレン・バンハーク米北部軍・北米航空宇宙防衛司令官(コロラドスプリングス)の空軍将軍がスクリーンに表示された。(AP写真/Manuel Balce Ceneta)


 米北方軍司令官が議会で最近、中国、ロシア、北朝鮮からの米国への脅威が高まっていると述べた。

 バンハーク司令官(空軍大将)は、ミサイルの脅威、サイバー攻撃、情報戦が組み合わさったことで北方軍は「かつてないダイナミックで戦略的に複雑な脅威に直面している」と述べた。

 上院軍事委員会での5月18日の証言でバンハーク氏は、「北方軍と北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)に託された任務を遂行する能力が侵食されてきており、今後も侵食される」と述べた。バンハーク氏は、米国とカナダが運用するNORADの司令官でもある。

 「米国は毎日、情報空間、サイバー領域で攻撃を受けている。競合相手は、わが国の基盤と民主主義、世界中の民主主義を弱体化させることを狙って、偽情報を拡散させ、活発に分断の種をまき、内部対立の火をあおっている」

 中国、ロシア、北朝鮮などの敵国は、安全保障の弱点、政策の食い違いに付け込み、とりわけサイバー領域で活発に活動している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中国・トルコ、ロビー活動を強化、元米議員90人が外国代理人に

(2022年07月01日)

米議会、新型核ミサイルの開発承認

(2022年06月29日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

中国が弾道ミサイル迎撃実験、米国はASAT実験を禁止

(2022年06月23日)

中国軍トップ、急激な核増強は「適切」と主張

(2022年06月21日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

ネバダ州のリチウム鉱山開発

(2022年06月17日)

新アイフォーンに中国製半導体 米シンクタンクが懸念

(2022年06月12日)

バイデン氏、兵器削減の推進を約束

(2022年06月10日)

生きた囚人から臓器摘出、医学論文で新たな証拠-中国

(2022年06月04日)
→その他のニュース