共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年6月19日)

2021年3月18日木曜日、アラスカ州アンカレッジのキャプテンクックホテルで開かれた米中会談のオープニングセッションで発言する中国共産党外交部長Yang Jiechi(中央)と中国国務委員王毅(左から2人目)。(フレデリック・J・ブラウン/プール・ビア・AP)


 中国の外交トップ、楊潔★(Yang Jiechi)共産党政治局員は、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)との会談で、中国の共産主義体制の転覆を試みないよう米政府にくぎを刺した。

 楊氏は、対米強硬姿勢から「タイガー・ヤン」の異名を持つ。会談は13日、ルクセンブルクで行われた。米政府は、「率直で、実質的で、生産的」だったとしているが、外交で「率直」は、激しい言葉の応酬を意味する。

 会談について米側からの発表はわずかしかなく、これについて専門家らは、バイデン政権が対中融和姿勢を強めていることの表れとの見方を示した。

 また、対中強硬派の間では、バイデン政権が、核兵器の増強、台湾への威嚇などの重要な課題をめぐって中国と対立するのを避け、スポーツのような公正な「競争」関係を築こうとしているという批判的な見方も出ている。

 一方の中国は、米国がこれまでの政策を変更し、共産主義体制を崩壊させようとするなど中国の現体制に反する動きを強めていると反発している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米議会、新型核ミサイルの開発承認

(2022年06月29日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

中国が弾道ミサイル迎撃実験、米国はASAT実験を禁止

(2022年06月23日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

中国軍トップ、急激な核増強は「適切」と主張

(2022年06月21日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ネバダ州のリチウム鉱山開発

(2022年06月17日)
→その他のニュース