北欧二か国のNATO加盟反対を翻したエルドアン・トルコ大統領に謝意、バイデン大統領

(2022年7月7日)

2022年6月29日(水)、マドリードで開催中のNATO首脳会議で、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領(左)と会談するジョー・バイデン大統領(右)。(AP写真/スーザン・ウォルシュ)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Wednesday, June 29, 2022

 バイデン大統領は水曜日、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領がフィンランドとスウェーデンの北大西洋条約機構(NATO)加盟反対を取り下げて、同軍事同盟の歴史的拡大に途を開いたことに謝意を表した。

 トルコは亡命クルド過激派に対して北欧二か国が何もしなかったとして、両国が30カ国から構成される軍事同盟への参加に反対していた。

 エルドアン大統領は、両国との了解に達した火曜日、NATO加盟を認める方針に転換した。それをもとにフィンランドとスウェーデンは、トルコがテロリストとみなすクルド人過激派を支援しないことになる。

 フィンランドとスウェーデンはまた、トルコが2016年のクーデター未遂事件の背後だと非難してきたイスラム団体への支持を停止することにも合意した。

 「フィンランドとスウェーデンに関わる事態と、ウクライナ・ロシアからの穀物輸送に関するトルコの英断と対応に、特に感謝したい」、バイデン大統領はエルドアン大統領に語った。「素晴らしい仕事をしていることに謝意を表したい。」

 それに対しエルドアン大統領は、フィンランドとスウェーデンをNATOに加盟させようとするバイデン大統領のけん引力のおかげで、ウクライナでのロシアによる戦争に対処するためにNATO同盟を強化するだろう、と語った。

 通訳者を通じてエルドアン大統領は、「この点で先駆的な役割を果たしていることは、将来のNATO強化に非常に重要で、ウクライナ・ロシア関係に前向きな貢献をするはずだ」と語った。

イラン、核合意「最終」文書に異議

(2022年08月18日)

台湾キリスト教徒に弾圧懸念、併合で「再教育」の標的に

(2022年08月16日)

中国 武漢で「バイオテロ病原体」研究-致死率60% 米議会で証言

(2022年08月13日)

安倍晋三元首相暗殺後の攻撃的なメディア報道に対する旧統一教会の反論

(2022年08月11日)

アフガン撤退を批判されたバイデン氏、ザワヒリ殺害の成果を誇示

(2022年08月09日)

台湾の緊張はペロシ訪問後も続く:ホワイトハウス

(2022年08月07日)

キューバで続く宗教弾圧

(2022年08月07日)

中国 偽サイトで反米情報拡散、PR会社がコンテンツ捏造

(2022年08月06日)

米中間の緊張が高まる中、ペロシ氏が台湾に到着

(2022年08月06日)

安倍殺害事件で非難されるべきは反カルト集団だ、統一教会ではない

(2022年08月02日)
→その他のニュース