バイデン氏、安倍晋三首相に敬意を表し、国旗の半旗掲揚を指示

(2022年7月9日)

2022年7月8日(金)、ワシントンの日本大使公邸で、選挙活動中に暗殺された安倍晋三元首相への弔電に署名するジョー・バイデン大統領。冨田浩司駐米日本大使が見守る。(AP写真/スーザン・ウォルシュ)

By Joseph Clark – The Washington Times – Friday, July 8, 2022

 バイデン大統領は、安倍晋三元首相が暗殺されたことを受け、7月10日まで国旗を半旗で掲揚するよう命じた。

 バイデン氏は声明の中で、安倍氏の「両党の米大統領とともに、両国間の同盟を深め、自由で開かれたインド太平洋のための共通のビジョンを前進させた」功績をたたえた。

 「攻撃され殺された瞬間にも、彼は人生を捧げた民主主義の仕事に従事していた」とバイデン氏は述べた。

 バイデン氏は金曜日、暗殺を非難し、米国の強力な同盟国である日本にとって「悲劇」であると述べた。

 バイデン氏はその後、ワシントンの日本大使公邸を訪問した際に、手書きのメモで哀悼の意を表した。

イラン、核合意「最終」文書に異議

(2022年08月18日)

台湾キリスト教徒に弾圧懸念、併合で「再教育」の標的に

(2022年08月16日)

中国 武漢で「バイオテロ病原体」研究-致死率60% 米議会で証言

(2022年08月13日)

安倍晋三元首相暗殺後の攻撃的なメディア報道に対する旧統一教会の反論

(2022年08月11日)

アフガン撤退を批判されたバイデン氏、ザワヒリ殺害の成果を誇示

(2022年08月09日)

台湾の緊張はペロシ訪問後も続く:ホワイトハウス

(2022年08月07日)

キューバで続く宗教弾圧

(2022年08月07日)

中国 偽サイトで反米情報拡散、PR会社がコンテンツ捏造

(2022年08月06日)

米中間の緊張が高まる中、ペロシ氏が台湾に到着

(2022年08月06日)

安倍殺害事件で非難されるべきは反カルト集団だ、統一教会ではない

(2022年08月02日)
→その他のニュース