バイデン大統領、未使用のコロナ対策費を住宅価格対策にも充てる

(2022年7月31日)

2021年10月24日のファイル写真で、コロラド州デンバーで売りに出されている家の販売プラカードの上に契約中の看板がある。(AP Photo/Dave Zalubowski,File)

By Joseph Clark – The Washington Times – Wednesday, July 27, 2022

 財務省は水曜日、住宅価格が全国で急騰しているのを受けて、コロナ関連支援に充てられていた3500億ドルを、州と地方政府が割安住宅の建築支援に充当できる新たなガイドラインを発表した。

 この新ルールによれば、州と地方政府は「アメリカ救済計画」の1.9兆ドルの資金を活用できる。「救済計画」はバイデン大統領が2021年3月に署名し、非営利事業者による住宅建設の長期ローンに充てられるものだ。

 新ガイドラインは、予備的に引き出せる連邦住宅プログラムにも適用され、それには割安住宅の維持、高齢者や身体障害者の住宅需要、そして公共住宅が含まれている。

 「長期的に住宅コストを下げるには、国家による住宅供給がますます必須だ」、ワリー・アデイェモ財務副長官は語っている。

 「財務省は各州・地方政府が、バイデン大統領の「アメリカ救済計画」を通じて調達可能な資金の一部を、各コミュニティでの割安住宅の建設・補修に回すよう奨励し、今日発表した政策によって一層容易になるだろう」、関係当局者は語った。

 バイデン大統領は自らの支持率が下降し、民主党が中間選挙を前に困難な闘いを余儀なくされている中で、インフレ抑制に必死だ。

 先月、住宅販売が頭打ちにもかかわらず、住宅価格は過去最高値を記録した。全国不動産業協会の数字では、6月の標準住宅価格は41万6千ドルを刻み、これは昨年の13.6パーセント上昇だ。

バイデン政権の反化石燃料政策で自然保護基金が危機に

(2022年11月26日)

中国当局者に禁錮20年-米でスパイ活動、航空機企業の技術情報狙う

(2022年11月19日)

連邦控訴裁、バイデン氏の学生ローン免除を差し止め

(2022年11月18日)

陰謀組織が政府を支配-世論調査

(2022年11月10日)

高い物価・犯罪率に苛立つ有権者から離れてしまった民主党

(2022年11月08日)

国民に信頼されていないFBI

(2022年11月02日)

法律顧問がウォーク文化に対抗する力を得る

(2022年10月29日)

保守勢力、選挙健全化で投票監視ボランティアを多数募る

(2022年10月27日)

逮捕の反中絶キリスト教徒 司法省を非難

(2022年10月26日)

バイデン政権、学生ローン免除申請サイトのテストを開始

(2022年10月20日)
→その他のニュース