バイデン大統領、未使用のコロナ対策費を住宅価格対策にも充てる

(2022年7月31日)

2021年10月24日のファイル写真で、コロラド州デンバーで売りに出されている家の販売プラカードの上に契約中の看板がある。(AP Photo/Dave Zalubowski,File)

By Joseph Clark – The Washington Times – Wednesday, July 27, 2022

 財務省は水曜日、住宅価格が全国で急騰しているのを受けて、コロナ関連支援に充てられていた3500億ドルを、州と地方政府が割安住宅の建築支援に充当できる新たなガイドラインを発表した。

 この新ルールによれば、州と地方政府は「アメリカ救済計画」の1.9兆ドルの資金を活用できる。「救済計画」はバイデン大統領が2021年3月に署名し、非営利事業者による住宅建設の長期ローンに充てられるものだ。

 新ガイドラインは、予備的に引き出せる連邦住宅プログラムにも適用され、それには割安住宅の維持、高齢者や身体障害者の住宅需要、そして公共住宅が含まれている。

 「長期的に住宅コストを下げるには、国家による住宅供給がますます必須だ」、ワリー・アデイェモ財務副長官は語っている。

 「財務省は各州・地方政府が、バイデン大統領の「アメリカ救済計画」を通じて調達可能な資金の一部を、各コミュニティでの割安住宅の建設・補修に回すよう奨励し、今日発表した政策によって一層容易になるだろう」、関係当局者は語った。

 バイデン大統領は自らの支持率が下降し、民主党が中間選挙を前に困難な闘いを余儀なくされている中で、インフレ抑制に必死だ。

 先月、住宅販売が頭打ちにもかかわらず、住宅価格は過去最高値を記録した。全国不動産業協会の数字では、6月の標準住宅価格は41万6千ドルを刻み、これは昨年の13.6パーセント上昇だ。

政府と山火事の闘い

(2022年08月18日)

バイデン政権の性差別禁止規則書き換え阻止へ新連合

(2022年08月15日)

FBIの政治化はモラー長官時代に始まった-元捜査官

(2022年08月14日)

ティックトックに移行する若者が増加

(2022年08月13日)

サル痘感染、性行為に関する指導めぐり議論活発化

(2022年08月12日)

バイデン氏、サル痘調整官を任命

(2022年08月06日)

マンチン議員、増税・気候変動関連の民主党歳出案支持に転換

(2022年07月30日)

バイデン氏、気候変動に関する大統領令 非常事態には遠く及ばず

(2022年07月28日)

上院国防法案、軍内の過激派捜索の終了を要求

(2022年07月26日)

ペンス前副大統領、議事堂で共和党同僚に歓迎受ける

(2022年07月24日)
→その他のニュース