中国、オランダに違法な「警察署」

(2022年10月30日)

2021年9月24日(金)、中国・深センのエバーグランデ本社の外で中国国旗の前を歩く警察官(右)とセキュリティガード。(APフォト/Ng Han Guan)

By Matt Delaney – The Washington Times – Tuesday, October 25, 2022

 中国がオランダに違法な「警察署」を設置し、現地の中国国籍保有者を監視していることが現地メディアの報道で明らかになった。

 RTLニュースと調査報道サイト「フォロー・ザ・マンデー」によると、これは中国では「海外服務站」と呼ばれ、ロッテルダムとアムステルダムに設置されている。アムステルダムでは2018年に設置されたという。

 オランダ外務省の報道官は「違法であり、ここで何をしているのかを調査し、適切な措置を取る」と表明した。

 表向きは、運転免許証の更新や婚姻に関する手続きなどの支援が設置目的とされているが、実際には国外に住む、反体制中国国民を脅迫するなどして、帰国させる役目を果たしているとみられている。配置されているのは元警官や元軍人だ。

 昨年、印中衝突の死者をめぐる政府発表に疑問を呈する投稿をしたことで中国共産党に追われ、国外に逃亡した王靖渝氏によると、ロッテルダムの服務站の職員を名乗る人物に帰国を促され、「両親のことを考えろ」と言われたという。

 中国大使館はRTLに服務站の存在は把握していないと話しているが、アムステルダムの施設の開設についての協議に中国大使館の高官がかかわっていたことが中国メディアの報道で明らかになっているという。

 人権擁護組織セーフガード・ディフェンダーズによると、2021年4月~22年7月の間に23万人の中国国籍保有者を「説得して帰国させ、司法手続きを受けている。

大手ソフトウエアのハッキングにロシア関与か

(2024年07月07日)

北朝鮮が織り成すスパイウエアの網

(2024年06月17日)

中国、宇宙での核兵器使用を検討か

(2024年06月15日)

世界で火薬不足 中国の供給制限とウクライナ侵攻で

(2024年06月09日)

ギングリッチ氏、核戦争リスク「少しずつ高まる」

(2024年06月07日)

ローマ教皇 すべての人間は「根本的に善」

(2024年05月26日)

ポンペオ氏、台湾の独立承認を要求 民主主義の価値観を擁護

(2024年05月24日)

武力行使せずに台湾併合を目指す中国―米シンクタンク

(2024年05月19日)

カナダ国防相、北部の防衛強化へ 温暖化で「新たな脅威」

(2024年05月14日)

ガザ市街戦に専門家注視 ドローン・AIを投入

(2024年05月10日)
→その他のニュース