中国、オランダに違法な「警察署」

(2022年10月30日)

2021年9月24日(金)、中国・深センのエバーグランデ本社の外で中国国旗の前を歩く警察官(右)とセキュリティガード。(APフォト/Ng Han Guan)

By Matt Delaney – The Washington Times – Tuesday, October 25, 2022

 中国がオランダに違法な「警察署」を設置し、現地の中国国籍保有者を監視していることが現地メディアの報道で明らかになった。

 RTLニュースと調査報道サイト「フォロー・ザ・マンデー」によると、これは中国では「海外服務站」と呼ばれ、ロッテルダムとアムステルダムに設置されている。アムステルダムでは2018年に設置されたという。

 オランダ外務省の報道官は「違法であり、ここで何をしているのかを調査し、適切な措置を取る」と表明した。

 表向きは、運転免許証の更新や婚姻に関する手続きなどの支援が設置目的とされているが、実際には国外に住む、反体制中国国民を脅迫するなどして、帰国させる役目を果たしているとみられている。配置されているのは元警官や元軍人だ。

 昨年、印中衝突の死者をめぐる政府発表に疑問を呈する投稿をしたことで中国共産党に追われ、国外に逃亡した王靖渝氏によると、ロッテルダムの服務站の職員を名乗る人物に帰国を促され、「両親のことを考えろ」と言われたという。

 中国大使館はRTLに服務站の存在は把握していないと話しているが、アムステルダムの施設の開設についての協議に中国大使館の高官がかかわっていたことが中国メディアの報道で明らかになっているという。

 人権擁護組織セーフガード・ディフェンダーズによると、2021年4月~22年7月の間に23万人の中国国籍保有者を「説得して帰国させ、司法手続きを受けている。

下院共和党、バイデン政権によるアフガン監察官への妨害を追及へ

(2022年12月05日)

最も腐敗していない国はノルウェー

(2022年12月04日)

北核実験巡り割れる観測 中国の影響力に疑念も

(2022年11月26日)

米信教の自由委員会、インドの宗教弾圧に懸念

(2022年11月25日)

バイデン氏、トルコ大統領と会談 クルド問題が依然障害

(2022年11月18日)

米中会談、バイデン氏は関与を求め、習氏は拒否

(2022年11月17日)

米副大統領、比パラワン島訪問へ 中国の反発必至

(2022年11月17日)

バイデン大統領、習主席との会談後、台湾侵攻の「差し迫った動きはない」と語る

(2022年11月17日)

海底ケーブルを守れ

(2022年11月11日)

21世紀の紛争を止める国連の限界を露呈したウクライナ戦争

(2022年11月07日)
→その他のニュース