沖縄のF15撤収、米共和党 「戦闘力低下」を懸念

(2022年11月12日)

2022年5月25日(水)、日本海上空を飛行する自衛隊のF15戦闘機3機(手前)と米軍のF16戦闘機4機(自衛隊統合幕僚監部提供写真)。(自衛隊統合幕僚監部 via AP)

By Mike Glenn – The Washington Times – Tuesday, November 8, 2022

 沖縄県の米空軍嘉手納基地から戦闘機F15を撤収させる計画に米共和党議員らが懸念を表明している。挑発を強める北朝鮮、覇権拡大を進める中国に対し「間違ったメッセージ」を送り、地域の不安定化につながる可能性があるからだ。

 米国防総省は、F15撤収は空軍の近代化計画の一環と主張。嘉手納基地に常駐配備のF15を退役させるとともに、現在欧州に配備されているステルス戦闘機F22などを巡回配備することで、沖縄での戦闘機の「継続的なプレゼンス」を確保するとしている。

 ルビオ上院議員ら共和党議員4人はこの計画に反発、オースティン国防長官への1日付の書簡で「中国人民解放軍(PLA)の脅威に対抗するために空軍部隊を近代化する必要性には合意する」とする一方で、「代わりとなる常駐配備がないことを懸念する」としている。

 さらに、沖縄の戦闘機のプレゼンスを縮小し、「インド太平洋に前方展開する米軍の戦闘力が実質的に低下」することになると訴えている。

 書簡に署名したマコール、ギャラガー両下院議員は、次期下院で軍事委員長、軍事委人事小委員長に就任することになっている。

 米軍当局者によると、交代するF22の一部はすでに、アラスカから嘉手納に到着している。

 国防総省は後継機を配備し、戦闘力は維持するとしているが、元軍人らからも懸念の声が上がっている。

 F15の元パイロットで、現在はミッチェル航空宇宙研究所所長のデービッド・デプトゥラ氏は、現在、ロシア軍に対抗するために欧州に配備されているF22を嘉手納に暫定的に配備することが計画されていることについて、新型の戦闘機は他の地域でも必要とされており、「航空機、パイロット、整備員らにとってストレスになる」と指摘。歴代米政権がこの30年間、空軍の予算を削減し、戦闘力を削(そ)いできたため「古く、小さく、即応能力のない空軍になった」と空軍力強化の必要性を訴えた。

 さらに、F15撤収計画は、バイデン政権のインド太平洋地域への関与強化の指針とも矛盾すると批判されている。

 共和党議員らは、撤収が「中国共産党だけでなく、同盟国、パートナー国にも間違ったメッセージを送ることになる」と主張、台湾併合に意欲を見せる中国に有利な情勢となる可能性に懸念を表明している。

 一方で、撤収を支持する専門家もいる。

 米シンクタンク、新アメリカ安全保障センター(CNAS)の上級研究員ステイシー・ペティージョン氏は先月、F15はすでに古く、「高度で重層的な防空網を敷いている中国との戦争ではあまり役に立たない」と指摘した。

中国、宇宙での核兵器使用を検討か

(2024年06月15日)

新型ステルス爆撃機B21の運用巡り空軍内にあつれき

(2024年06月03日)

ソフトとハードで中国に対抗を―元海兵隊司令官

(2024年05月11日)

米軍、空中戦にAIを投入

(2024年04月29日)

マスク氏のスターリンクを狙うロシアの対衛星核兵器の脅威

(2024年03月03日)

直ちに補給能力強化を 太平洋艦隊司令官が警鐘

(2024年03月02日)

「米防衛産業は顧客が必要」戦費調達でバイデン氏

(2023年11月11日)

思考で機器をコントロール 新技術巡り国際競争

(2023年10月26日)

ミリー統参議長、ウクライナ支援による兵器不足懸念を否定

(2023年08月11日)

米国は、より優れた極超音速ミサイルの開発に時間をかける

(2023年06月17日)
→その他のニュース