ホワイトハウスは、ロシアがイランに戦闘機を提供することを懸念

(2023年3月1日)

2021年5月7日、ロシア・モスクワで行われた戦勝記念日の軍事パレードのリハーサルで、Kh-47M2キンザル核搭載空中発射弾道ミサイルを積んだロシア空軍ミコヤンMiG-31Kジェット機が赤の広場の上を飛行している。ロシアのプーチン大統領は、ウクライナで戦争をしている自国を守るために「自由に使えるすべての手段」を使うと脅したことで、世界最大の弾頭を備蓄している核兵器を使用するかもしれないという世界の恐怖を高めている。(AP写真)

By Jeff Mordock – The Washington Times – Friday, February 24, 2023

 米ホワイトハウスは24日、ロシアが軍事同盟の拡大の一環として、イランに戦闘機を送ることを検討していると発表した。イランは、ロシアに火砲や戦車の砲弾を供与し、ウクライナ侵攻を支援している。

 国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は記者団に対し、イランが11月にロシアに武器を輸送し、それと引き換えにロシアはミサイルや電子機器、戦闘機など「前例のない防衛協力」を申し出ていると述べた。

 イランはまた、攻撃ヘリコプター、レーダー、戦闘練習機の購入を希望している。

 カービー氏は、「イランとロシアの防衛関係の拡大について話したとき、我々はそれが双方向に進むことを懸念していたが、その懸念は確実に実現しつつある」と述べた。「この防衛協力は、もちろんウクライナの人々にとって良くないだけでなく・・・中東にとっても良くないことは確かだ」。

 9月から11月にかけて、ロシアはイラン製の神風ドローンを数百機購入したとされ、それを使ってウクライナの都市やインフラを狙い、同国の電力のおよそ半分を停止させたという。

 今月初めには、米国当局がウクライナで使用されている無人機とされる写真を公開した。財務省は、ウクライナで使用するためにこの機器を送ったイランのドローンメーカーを制裁した。

 テヘランはロシアへの無人機提供を否定している。

 イランは、西側諸国が制裁を課して以来、ロシアとの経済関係を深め、モスクワとのビジネスを避けてきた数少ない国の一つである。

 7月にテヘランで会談するイランの最高指導者アリ・カメネイとロシアのウラジーミル・プーチン大統領。ロシアのイラン向け輸出も2022年に27%増加し、モスクワからテヘランへの輸入は10%増加した。両国はイランのガスプロジェクトに400億ドルを投資することでも合意し、このうち65億ドルは11月にすでに契約済み。

中国が情報戦を支配している 台湾のAI技術者が警告

(2024年02月20日)

ウクライナに学び、中国に備えよ ミリー前統参議長

(2024年02月15日)

「神の力が働いた」ポーランド元大統領ワレサ氏、ウクライナ・新世界秩序を語る

(2024年02月14日)

中国人技術者、ミサイル技術窃取で逮捕

(2024年02月13日)

北朝鮮情勢「見通し立たず」―元米情報長官

(2024年02月10日)

ブリンケン国務長官の中東構想は夢物語

(2024年01月27日)

中国人AI科学者に助成金 米議会が調査

(2024年01月24日)

各国議会・政府に浸透するAI

(2024年01月21日)

「強風と高波」台湾選挙で中国に逆風

(2024年01月19日)

NSAの元工作員、エプスタイン氏はイスラエルの組織の一員だった

(2024年01月12日)
→その他のニュース