ザッカーバーグ氏がAI新製品を予告

(2023年3月9日)

ジョージタウン大学で講演するマーク・ザッカーバーグ氏(2019年10月17日、ワシントンで)。フェイスブックの親会社メタ・プラットフォームズ社のCEOであるザッカーバーグは、2022年12月20日火曜日、技術大手による仮想現実スタートアップの買収を阻止しようとするFTCの案件で証言台に立った。(APフォト/ニック・ワス、ファイル)

By Ryan Lovelace – The Washington Times – Tuesday, February 28, 2023

 IT大手は早速、人工知能(AI)チャットツールを新しい検索エンジンの開発に取り入れたが、今では有力プラットフォームがソーシャルメディアやメッセージングサービスにもAIを取り入れるようになっている。

 メタのマーク・ザッカーバーグCEOは今週、同社がインスタグラム、ワッツアップ、メッセンジャーの新機能にジェネレーティブAI(生成系AI)を使用することに取り組んでいることを明らかにした。

 今月初めには、マイクロソフトが検索エンジン「ビング」にオープンAIの対話型AI「チャットGPT」の技術を取り入れると発表した。グーグルは「バード(Bard)」という独自のチャットボットを作り、検索、地図、翻訳製品に新しい人工知能ツールを展開すると発表した。

 チャットGPTは、ユーザーの質問に反応してテキストを生成する人工知能チャットボットだ。

 今や、ソーシャルメディアサービスでブランドを築いたIT企業も、AIブームに加わっている。ザッカーバーグ氏はフェイスブックへの投稿で、メタが従業員を集めて、ジェネレーティブAIに特化したプロダクトチームを作ると述べた。

 ザッカーバーグ氏によると、インスタグラムのユーザーは、長期的にはジェネレーティブAIを活用したさまざまなフィルターや広告フォーマットなど、画像による新しい体験ができるようになる。

 メタは、テキストに特化したプラットフォームであるワッツアップとメッセンジャーについても、長期的に新しいツールを生み出すことに取り組んでいる。

 ザッカーバーグ氏は、「本当に未来的な体験に至るまでには、基礎的な作業がたくさんあるが、その過程で出来上がる新しいものすべてにワクワクしている」と述べた。

 スナップチャットはさらに先に進んでいるようだ。このインスタントメッセージングプラットフォームは、27日に、スナップチャット用にカスタマイズされたオープンAIの言語モデルGPTを使った新しいチャットボット「My AI」を発表し、まず今週末に有料会員に提供する予定であることを明らかにした。

 スナップチャットはサイトで「他のAI搭載チャットボットと同様に、My AIは存在しないものを作り出したり、いたずらされたりしてしまう可能性があります。これらの点に注意してください。申し訳ありません」としている。

 スナップチャットのメッセージが消えることはよく知られているかもしれないが、この新しいAIツールとの会話は消えない。

 「My AIとの会話はすべて保存されます。My AIに秘密を明かしたり、My AIのアドバイスに依存したりしないでください」

EV所有者のほぼ半数、ガソリン車に戻りたい―調査

(2024年06月27日)

AIに意図的に人間を欺く能力―研究

(2024年06月14日)

中国、独自の通信衛星群の配備急ぐ 米スターリンクを警戒

(2024年06月11日)

FBI専門家、AI悪用で捜査難しく 誰もが標的になりうる

(2024年06月08日)

米情報機関、経済に通じたスパイ確保が急務

(2024年06月01日)

台湾緊迫、中国トップはどう決断? AIで予測可能か

(2024年05月31日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

第2次大戦で原爆開発の研究所、AIリスクを研究

(2024年04月16日)

米情報機関、敵国の量子コンピューター開発を懸念

(2024年03月28日)

最高裁、政府によるソーシャルメディアへの干渉を容認か

(2024年03月24日)
→その他のニュース