ロシアの原油離れ欧州で加速、米国へのシフト進む

(2023年4月2日)

エネルギー省提供の未公開写真で、テキサス州フリーポート近郊のブライアン・マウンド遺跡の原油パイプが写っています。(エネルギー省 via AP, File)

By Ben Wolfgang – The Washington Times – Wednesday, March 29, 2023

 ロシアのウクライナ侵攻を受けて、欧州の米国産原油へのシフトが進んでいる。侵攻に制裁を科す欧米に対してロシアは、エネルギー大国としての地位を武器に対抗しようとしたが、思うように進んでいないようだ。

 ロシア政府の最新の発表によると、原油需要減のため6月まで生産量を5%削減する。報道によると、今年初めの2カ月間のエネルギー販売による政府収入は、前年の同時期の半分、歳出はウクライナ侵攻で50%増加している。

 ロシア当局者らは、欧州への供給減をインドや中国などに輸出先を変更することで埋め合わせていると主張している。しかし、ロシア産原油への需要は限定的で、大幅な割引価格での販売を余儀なくされている。

 昨年2月のウクライナ侵攻前、ロシアは欧州への原油供給源として群を抜いていた。ところが、欧州は新たな供給源を見いだし、心配された冬も乗り切った。

 欧州連合(EU)の3月下旬の発表によると、米国は昨年12月に欧州へ3450万バレルを供給、これはEU全体の輸入の18%に当たる。ロシアは760万バレルでわずか4%だった。ロシア産原油離れが急速に進んでいることは明らかだ。

 EU統計機関ユーロスタットが3月28日に公表したデータによると、ロシア産原油の欧州輸出が減少する一方で、米国からの輸入が増加しており、シェアは21年末から22年12月の間に6ポイント上昇したという。

中国、宇宙での核兵器使用を検討か

(2024年06月15日)

世界で火薬不足 中国の供給制限とウクライナ侵攻で

(2024年06月09日)

ギングリッチ氏、核戦争リスク「少しずつ高まる」

(2024年06月07日)

ローマ教皇 すべての人間は「根本的に善」

(2024年05月26日)

ポンペオ氏、台湾の独立承認を要求 民主主義の価値観を擁護

(2024年05月24日)

武力行使せずに台湾併合を目指す中国―米シンクタンク

(2024年05月19日)

カナダ国防相、北部の防衛強化へ 温暖化で「新たな脅威」

(2024年05月14日)

ガザ市街戦に専門家注視 ドローン・AIを投入

(2024年05月10日)

ハマス支持団体が学生抗議デモを主導―調査

(2024年05月02日)

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)
→その他のニュース