FBIが政敵の攻撃-バイデン政権

(2023年5月24日)

By Editorial Board – The Washington Times – Thursday, May 18, 2023

バイデンの司法省とFBI イラスト:Linas Garsys/The Washington Times

 ダーラム特別検察官の報告書で、連邦捜査局(FBI)が未評価で根拠の弱い情報を基に、2016年大統領選のトランプ陣営への捜査を開始し、監視していたことが明らかになった。FBIの上層部はロシアの共謀を確信していたため、捜索令状を得るために、潔白であることを示す証拠には目をつぶり、ヒラリー・クリントン陣営とロシアのスパイ活動の脅威の可能性を信用した。あるFBI職員は、トランプ氏の側近らを盗聴するために、外国情報活動監視裁判所(FISC)に偽造した証拠を提出した。

 この職員は、この捜査が政治的な動機によるものであることを理解していた。

 ダーラム報告によると、あるFBI職員は2016年8月にこの情報について「薄っぺら」と書いている。

 それに対し別の職員は、「そうだね。最悪だ」と応えていた。

 ダーラム氏は、FBI職員が「当時も、後から考えても、ターゲット(トランプ陣営)が外国のために故意に秘密の情報活動に従事していると信じるに足る理由があると本心では思っていなかった」と認めたと書いている。

 しかし、捜査は進められ、共謀の証拠が見つからないと結論付けるまで2年間、特別検察官はトランプ政権を苦しめた。

 18日には、なぜ局内で誰も上司に問いただそうとしなかったのかが明らかになった。

 FBI捜査官で退役軍人、元警察官のギャレット・オボイル氏は、上司と議会に内部告発を行い、その結果、「連邦政府の兵器化に関する下院司法特別小委員会」での証言によれば、「無給の無期限停職」に処された。

 この捜査官とその家族は、FBIが政治的な目的のために国内テロ事件の件数を水増しし、中絶反対派の活動家を監視していると報告したことに対する報復として、持ち物はFBIに押さえられ、家もないままだ。

 オボイル氏は証言で、「私がしたかったのは、悪人をやめ、罪のない人を守ることで国に貢献することだった。悔しいことに、悪人が政府の一部を牛耳るようになり、この国に奉仕し、罪のない人々を守り続けることが難しくなってしまっている」と述べた。

 今月初め、チャック・グラスリー上院議員は、身元が明かされていない別の内部告発者が名乗り出たことを受けて、当時の副大統領ジョー・バイデン氏と1人の外国人が関わる犯罪計画があったと主張する機密扱いでない記録をFBIに提出するよう要求した。

 グラスリー氏は声明で、「私たちは、FBIが現職の米大統領を巻き込んだ非常に深刻で詳細な疑惑を含む機密でない内部文書を保有していると考えている。私たちが知らないのは、FBIがこれらの主張を検証し、さらに調査するために行ったことがあるとすれば、それは何であるかということだ。FBIは最近、政治色の強い捜査を失敗させてきた経緯があり、議会による厳重な監視が必要だ」と述べている。

 その通りだ。恐らく、そのような透明性が確保され、上層部の説明責任が果たされるまでは、予算の削減と新本部の建設計画の中止が必要だろう。

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

コロナ後も続く政府職員の在宅勤務

(2024年05月17日)

女子スポーツ支援を訴えたバイデン氏に「厚かましい」と非難

(2024年05月13日)

無謀な移民政策のリスクを浮き彫りにする大学騒動

(2024年05月12日)

全寮制大学のコスト上昇でオンライン学習が流行

(2024年05月07日)

「アジアのデトロイト」に中国EVメーカー、工場建設

(2024年05月05日)

トランス選手との対戦拒否で出場禁止 女子選手が学区を提訴

(2024年05月04日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ティックトックが銃入手を助長

(2024年04月20日)

「女性」は生物学的女性だけ アイダホで州法成立 全米で5番目

(2024年04月12日)
→その他のニュース