中国はミャンマーを「戦略的重要地点」に 米政権には「明確な戦略」なし

(2023年7月6日)

2023年6月27日火曜日、ニャウンコーン村にて、村民が軍による空爆だと語ったことにより破壊された仏教僧院の建物。(AP経由ペール・エンターテインメント)

By Guy Taylor – The Washington Times – Monday, July 3, 2023

 ミャンマーの軍事政権と民主派の間の衝突が激化する一方で、欧米からの同国への関心は依然、弱い。中国は、ミャンマーを米国との覇権争いの中での地域の「戦略的重要地点」とみて、軍事政権への影響力の強化を進めている。

  米シンクタンク、ウッドロー・ウィルソン・センターの客員研究員で、ミャンマー民主派のイェミョヘイン氏はワシントン・タイムズとのインタビューで、「中国が長期にわたってミャンマーでの影響力を確実に拡大している」と警鐘を鳴らす。

 同氏は、中国はミャンマーを南アジア、東南アジア、インド洋と国境を接する「戦略的重要地点」とみているが、バイデン政権は「ミャンマーを戦略的に重要でないという従来の見方」を踏襲していると指摘。「ミャンマーでの戦略的影響力を強化する明確な戦略」の必要性を米当局者らに訴えているという。

 中国の軍事政権をどのように支援しているかを把握するのは困難だが、軍事政権との関係から戦略的、経済的利益を得ているのは確かなようだ。

 カーネギー財団のアナリストによると、中国の国営採掘企業、万宝鉱業(ワンバオ・マイニング)は21年の軍事クーデターの後、外国企業が撤退する中、依然、ミャンマーでの操業を続けている。

 米平和研究所のビルマ計画の責任者ジェイソン・タワー氏は、中国のミャンマー支援は軍事政権が中国の南シナ海の領有の主張を支持することを条件にしているとの見方を示した。

 タワー氏は昨年、中国政府は「中国・ミャンマー経済回廊」の実現に協力し、両国間の送電、インターネット接続、工業地区の拡張への支援の約束を条件に軍事政権を「支援」していると指摘していた。

 中国は21年の軍事クーデターを支援したとみられる一方で、国連のアンドルーズ特別報告者は5月、中国とロシアが、民間人に使用されている兵器の「ミャンマー国軍への主要供給国」になっていると非難した。

中国サイバー企業の情報が流出 ハッカーの手口など暴露

(2024年03月04日)

中国が情報戦を支配している 台湾のAI技術者が警告

(2024年02月20日)

ウクライナに学び、中国に備えよ ミリー前統参議長

(2024年02月15日)

「神の力が働いた」ポーランド元大統領ワレサ氏、ウクライナ・新世界秩序を語る

(2024年02月14日)

中国人技術者、ミサイル技術窃取で逮捕

(2024年02月13日)

北朝鮮情勢「見通し立たず」―元米情報長官

(2024年02月10日)

ブリンケン国務長官の中東構想は夢物語

(2024年01月27日)

中国人AI科学者に助成金 米議会が調査

(2024年01月24日)

各国議会・政府に浸透するAI

(2024年01月21日)

「強風と高波」台湾選挙で中国に逆風

(2024年01月19日)
→その他のニュース