ペンス氏、人質解放へガザへ米軍を派遣すべし

(2023年10月24日)

2023年10月3日(火)、ワシントンのジョージタウン大学で、ジョージタウン大学政治・公共サービス研究所との共催で開催されたAP通信2024年共和党大統領候補対談「国家安全保障と外交政策」で発言する共和党大統領候補でマイク・ペンス前副大統領。(AP Photo/Jacquelyn Martin, File)。

By Ramsey Touchberry – The Washington Times – Sunday, October 22, 2023

 共和党の大統領候補マイク・ペンス前副大統領は22日、もし私がホワイトハウスにいたら、イスラム組織ハマスの手から米国人の人質を解放するためにガザ地区に軍隊を派遣すると述べた。

 ペンス氏はNBCの「ミート・ザ・プレス」で「ガザでは血に飢えたテロリストに米国民が捕らえられている。もし私が合衆国大統領だったら、統合特殊作戦軍に、世界で最も人質救出を得意とするデルタフォースや海軍のシールズを派遣するよう命じる」と語った。

 米国はパレスチナ自治区ガザに部隊を派遣してはいないが、バイデン政権はイスラエルへの支持を再確認し、軍事・人道支援策を推進している。

 ペンス氏は、米国民あるいは二重国籍の民間人を解放するためには、より大きな危機感と行動が必要だと主張。2人の米国人人質が先週、カタールを通じてハマスと交渉の末、解放された。

 「イスラエル軍と協力し、ハマスに『12時間以内に米国人とイスラエル人の人質を解放しろ、さもなくばわれわれが取り返しに行く』と伝える必要がある。われわれは自由世界のリーダーだ。イスラエルにとって地球上で最も強力な同盟国だ。ハマスに対して、人質を引き渡さなければ、イスラエル軍だけでなく、合衆国の軍隊をも相手にすることになるというメッセージを送る必要がある」

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)

バイデン政権、イラン報復阻止に失敗 中国への影響懸念

(2024年04月18日)

性転換治療「根拠乏しい」―英で衝撃の報告

(2024年04月15日)

台湾が中国の選挙介入を警告

(2024年04月13日)

性転換は人間の尊厳の侵害 バチカンが新文書

(2024年04月11日)

「ハバナ症候群」にロシア関与か 米高官らが脳に損傷

(2024年04月09日)

ロシアはテロを阻止できなかったのか―元米当局者

(2024年04月07日)

ウクライナ支援の難問

(2024年04月06日)

脱北映画「ビヨンド・ユートピア」、アカデミー賞落選が波紋

(2024年03月31日)

テロ対策における国際協力の難しさ

(2024年03月29日)
→その他のニュース