レーガンならガザ紛争にどう対処するか

(2023年11月2日)

ロナルド・レーガン大統領(画像提供:レーガン大統領財団・図書館)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Wednesday, November 1, 2023

 ロナルド・レーガン氏なら、現在進行中のイスラエル・ガザ地区での紛争にどう対処しただろうか。大統領史家で作家のクレイグ・シャーリー氏がこの疑問に答えている。

 シャーリー氏はワシントン・タイムズに、「もしレーガンが今、大統領だったら、そもそもイスラエルへの攻撃は起こらなかったと思う。大統領とは、有能で、決断力があり、信念があり、そして恐れられる存在でなければならない。レーガンは、アヤトラ・ホメイニのような悪人から恐れられていた。1980年の大統領選挙戦でレーガンは、イランから人質を解放するためにいつ行動するかを明確にしていたからだ。だから、レーガンの大統領就任後、人質は解放された」と述べた。

 その上でシャーリー氏は「私は1980年の選挙戦に関する本を書くために、イラン駐在のブルース・ラングドン氏にインタビューした。ラングドン氏は、イラン人はジミー・カーター(米元大統領)を尊敬していなかったが、レーガンが第82空挺部隊を送り込むことを恐れていた」と強調した。

 「カーターは平和を何よりも大切にする善人だった。しかし、イラン人は平和を大切にしていなかった。平和は、尊重し合う国同士、あるいはナチス・ドイツのように敵対国を完全に打ち負かすことによってのみ達成される。テロリストやいじめっ子は力しか尊重しない。だからこそ、力による平和なのだ」

 シャーリー氏は、1919年~26年まで世界チャンピオンになった伝説のヘビー級ボクサー、ジャック・デンプシーを引き合いに出しながら、「かつてレーガンが言ったように、誰もジャック・デンプシーをいじめたことはない」と締めくくった。

武力行使せずに台湾併合を目指す中国―米シンクタンク

(2024年05月19日)

カナダ国防相、北部の防衛強化へ 温暖化で「新たな脅威」

(2024年05月14日)

ガザ市街戦に専門家注視 ドローン・AIを投入

(2024年05月10日)

ハマス支持団体が学生抗議デモを主導―調査

(2024年05月02日)

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)

バイデン政権、イラン報復阻止に失敗 中国への影響懸念

(2024年04月18日)

性転換治療「根拠乏しい」―英で衝撃の報告

(2024年04月15日)

台湾が中国の選挙介入を警告

(2024年04月13日)

性転換は人間の尊厳の侵害 バチカンが新文書

(2024年04月11日)

「ハバナ症候群」にロシア関与か 米高官らが脳に損傷

(2024年04月09日)
→その他のニュース