世界で火薬不足 中国の供給制限とウクライナ侵攻で

(2024年6月9日)

By Stephen Dinan – The Washington Times – Monday, June 3, 2024

 戦闘中のロシアとウクライナは、1日に最大6万発の砲弾を発射していたことがあり、この春に米国のウクライナ支援が休止していた期間は1日平均、約1万2千発だった。

 その結果、世界的な火薬不足となり、米国の個人向けの小売価格に影響が出始めている。

 アモランド(銃火器系ニュースメディア)によると、個人消費者のリロード(銃弾の再利用)用の無煙火薬を供給するアライアント・パウダー社は販売を停止し、未処理の注文をキャンセルした。

 オクラホマ州のディーラー、SGAmmoのオーナーであるサム・ガバート氏は、9㍉ルガーの価格変動はより広範な価格上昇の主要な指標だが、正確に何が起こるかを語るのは難しいと述べた。

 ガバート氏は今年、ラスベガスの大会で、火薬危機が迫っているという話を聞いたと、オンラインで警告を発した。

 ガバート氏はワシントン・タイムズに電子メールで、原因は「私の理解では、ニトロセルロースの供給の引き締めと、小口径(スポーツ)タイプの弾薬から、軍の兵器用の火薬に利用可能なニトロの製造へのシフトの両方だ」と述べた。

 一部の銃器関係者によると、さらにビジネスを促進しようとしていることを示唆したが、危機感を感じ始めている人々もいるという。

 全米射撃スポーツ財団の上級副会長であるローレンス・キーン氏は、問題は需要と供給の両側面にあると述べた。

 世界的な紛争、特にロシアとウクライナの戦争は火薬の需要を急増させたが、ニトロセルロースと火薬を製造する米国の能力は限られている。

 一部の報告によると、ニトロセルロースの主要な世界的サプライヤーである中国は、米国への出荷を制限しているという。

 その結果、入手が困難になり、米国での生産が制限されてしまう。

 弾薬市場の重鎮で、ビスタ・アウトドア社広報担当副社長のフレッド・ファーガソン氏は、「弾薬用の火薬は弾薬の口径を問わずどれにでも使用できる。小口径の狩猟用ライフルと同じ火薬が戦車や155㍉迫撃砲の砲弾に使用され、ウクライナとイスラエルの紛争で大量に使用されている」と述べた。

 ファーガソン氏は、「従って、戦争での使用が増えており、私たちのような販売や法執行部門などの弾薬サプライチェーン(供給網)で不足が生じている」と語った。

 同氏は、多くの弾薬がまだ市場で入手可能だが、価格は上昇していると述べた。

 世界的な危機は主に米国では認識されていないが、欧州ではニュースで報じられている。フランスのマクロン大統領は3月、ウクライナの同盟国の会合でこの問題を提起した。

ギングリッチ氏、核戦争リスク「少しずつ高まる」

(2024年06月07日)

ローマ教皇 すべての人間は「根本的に善」

(2024年05月26日)

ポンペオ氏、台湾の独立承認を要求 民主主義の価値観を擁護

(2024年05月24日)

武力行使せずに台湾併合を目指す中国―米シンクタンク

(2024年05月19日)

カナダ国防相、北部の防衛強化へ 温暖化で「新たな脅威」

(2024年05月14日)

ガザ市街戦に専門家注視 ドローン・AIを投入

(2024年05月10日)

ハマス支持団体が学生抗議デモを主導―調査

(2024年05月02日)

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)

バイデン政権、イラン報復阻止に失敗 中国への影響懸念

(2024年04月18日)

性転換治療「根拠乏しい」―英で衝撃の報告

(2024年04月15日)
→その他のニュース