ホワイトハウスはインフラ投資法案にカーボンフリー電源を組み込むことを望んでいる

(2021年7月6日)

In this Jan. 10, 2009, file photo, a flock of geese fly past a smokestack at a coal power plant near Emmitt, Kan. (AP Photo/Charlie Riedel, File)


 米ホワイトハウスは6月30日、民主党に対し、超党派のインフラ投資法案と結び付けられている多額の社会福祉法案に2035年以降すべての米国の電力を脱炭素にするという命令を盛り込むよう要求した。

 気候変動対策を担うジーナ・マッカーシー大統領補佐官は、有料ニュースレター「パンチボウル・ニュース」との気候変動とインフラストラクチャーに関するインタビューの中でこの要求を出した。マッカーシー氏は、特に民主党議員が今後数週間で伝統的なインフラと「人間のインフラ」の両方のニーズに取り組むことが不可欠であると主張した。

 「われわれは大胆でなければならない。これを狭義にとらえると、孫の目を見て、米国を強く保つためにできる限りのことをしたと言うことができなくなる」とマッカーシー氏は語った。「2つ目の法案や税額控除、クリーンエネルギー基準が必要だ。民間の気候変動隊も実現させたい」

 先週、バイデン大統領と11人の超党派議員のグループが、国内最大のインフラ投資計画に関する合意を発表した。実現するまで数カ月かかった妥協案は、交通システムの刷新に1・2兆㌦以上を費やすことになる。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ネバダ州のリチウム鉱山開発

(2022年06月17日)

マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年04月28日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

バイデン政権、米国内のエネルギー採掘再開で左右から激しい批判

(2022年04月23日)

気候変動補佐官が辞任か ホワイトハウスは否定

(2022年04月22日)

バイデン政権の気候変動に対するカルト的対応

(2022年04月14日)

バイデン政権に天然ガス増産圧力

(2022年03月31日)

ホワイトハウス、キーストーンXLパイプライン再開の予定はない

(2022年03月16日)

下院がロシアのエネルギー禁輸を可決、上院は不透明

(2022年03月15日)

民主党議員、気候変動対策推進の一方で化石燃料に多額の投資

(2022年03月09日)
→その他のニュース