米宇宙軍、レーザー兵器を開発へ

(2021年7月17日)


 米宇宙軍は、中国とロシアによる宇宙戦争の脅威に対抗するため、指向性エネルギー兵器の開発に取り組んでいる。  

 レイモンド宇宙軍作戦部長(大将)が6月、議会証言で明らかにした。  

 民主党のランジェビン下院議員(ロードアイランド州)は、下院軍事委員会の公聴会でのレイモンド氏との質疑で、指向性エネルギーは、「重大な脅威」だが、米国の人工衛星を守るための手段ともなり得ると述べた。  

 ランジェビン氏は「米国は指向性エネルギーの開発を、宇宙覇権のための効果的な能力として適切に進めていると考えているか」と質問。  

 レイモンド氏は「その通り」と答え、非公開会合で詳細について明らかにすると述べた。  

 「米国にとって非常に重要なこれらの能力を守らなければならない。宇宙軍が取り組んでいる設計作業では、それを考慮に入れ、その任務を果たす能力、その任務を守る能力、これらの能力を獲得するために必要なコストと時間に関して調整している」  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

米海軍を悩ます造船産業の衰退、中国との競争の足枷に

(2021年07月18日)

急激に増大する中国発・宇宙戦争の脅威

(2021年07月14日)
→その他のニュース