中国、台湾の防空識別圏に爆撃機侵入

(2021年8月25日)

A soldier holds a Taiwan national flag during a military exercise in Hsinchu County, northern Taiwan, Tuesday, Jan. 19, 2021. (AP Photo/Chiang Ying-ying)


 台湾国防省によると、中国軍は台湾の南東端付近でH6爆撃機の飛行を強化し、台湾の防空軍は対応を迫られている。

 H6爆撃機の飛行は、人民解放軍による最新の軍事行動で、人民解放軍は今週、台湾の近くで大規模な軍事演習を行うとともに、台湾と米国の両政府を批判するプロパガンダを強化している。

 人民解放軍は2日前、長距離ミサイル攻撃用のH6K爆撃機2機を台湾の防空識別圏に侵入させた。J16ジェット戦闘機6機を含む他の戦闘機や偵察機数機が同行した。19日に飛来したH6の型式は確認されていない。

 台湾国防省はウェブサイトで、両爆撃機の侵入に対応して迎撃機が発進し、防空ミサイルシステムが起動されたと発表した。また、無線通信で爆撃機に警告を発したという。

 今回の爆撃機の飛行は、中国が今週、台湾付近で実施している大規模な実戦演習を受けたもので、北京の国営メディアは、米国と台湾の二国間協力の拡大に対するけん制を狙ったものだとしている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

日米豪印「クアッド」は対中国で他の国々にも門戸を開けよ

(2022年01月09日)

米国防総省高官、対中情報競争で企業や大学との協力不可欠と主張

(2022年01月08日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

米露電話会談、ウクライナめぐる緊張緩和につながらず

(2022年01月05日)

アフガンの反タリバン抵抗勢力、米国の支援得られず

(2022年01月04日)

アフリカで勢力伸ばすイスラム国

(2022年01月02日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)
→その他のニュース