米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年9月13日)

This March 27, 2008, file photo, shows the Pentagon in Washington. (AP Photo/Charles Dharapak, File)


 米国防総省は、トランプ前政権で厳しく制限されてきた中国との軍事交流を再開させた。バイデン政権下で両国軍が接触するのは初めて。

 マイケル・チェース国防次官補代理(中国担当)と、中国人民解放軍(PLA)国際軍事合作弁公室副主任の黄雪平少将が8月下旬、オンライン会談を実施したことが報じられた。会談は、軍事交流を低レベルに制限し、「ハイレベルの交流」は避けるというトランプ前政権時の指針に沿って行われた。

 前政権下では、中国軍との接触は単に友好のためではなく、実質的な結果をもたらすものだけに厳しく制限されていた。そのため、両国間の交流はわずか20回にとどまった。

 米国の軍・政府内の親中派は以前から、中国軍との「信頼醸成」のための高官レベル、実務者レベルの交流プログラムの維持を求めてきた。偶発的な事態や誤解から紛争が起きることを防止するために必要という理由からだ。

 しかし、軍事交流には問題が多く、その是非をめぐって論争が繰り広げられてきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)

対中法案、大部分が不成立 米両院通過はわずか3本

(2021年12月29日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)
→その他のニュース