米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年9月13日)

This March 27, 2008, file photo, shows the Pentagon in Washington. (AP Photo/Charles Dharapak, File)


 米国防総省は、トランプ前政権で厳しく制限されてきた中国との軍事交流を再開させた。バイデン政権下で両国軍が接触するのは初めて。

 マイケル・チェース国防次官補代理(中国担当)と、中国人民解放軍(PLA)国際軍事合作弁公室副主任の黄雪平少将が8月下旬、オンライン会談を実施したことが報じられた。会談は、軍事交流を低レベルに制限し、「ハイレベルの交流」は避けるというトランプ前政権時の指針に沿って行われた。

 前政権下では、中国軍との接触は単に友好のためではなく、実質的な結果をもたらすものだけに厳しく制限されていた。そのため、両国間の交流はわずか20回にとどまった。

 米国の軍・政府内の親中派は以前から、中国軍との「信頼醸成」のための高官レベル、実務者レベルの交流プログラムの維持を求めてきた。偶発的な事態や誤解から紛争が起きることを防止するために必要という理由からだ。

 しかし、軍事交流には問題が多く、その是非をめぐって論争が繰り広げられてきた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


中国、米のレアアース開発妨害/「環境を破壊」と偽情報

(2022年07月06日)

中国・トルコ、ロビー活動を強化、元米議員90人が外国代理人に

(2022年07月01日)

米議会、新型核ミサイルの開発承認

(2022年06月29日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

中国が弾道ミサイル迎撃実験、米国はASAT実験を禁止

(2022年06月23日)

中国軍トップ、急激な核増強は「適切」と主張

(2022年06月21日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

ネバダ州のリチウム鉱山開発

(2022年06月17日)

新アイフォーンに中国製半導体 米シンクタンクが懸念

(2022年06月12日)

バイデン氏、兵器削減の推進を約束

(2022年06月10日)
→その他のニュース