米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年9月23日)

U.S. Air Force C-130J Hercules cargo aircraft conducts a training flight on Jan. 10, 2012. (U.S. Air Force, Master Sgt. Dave Buttner)


 米空軍幹部らが、米軍は中国との覇権争いで後れを取っていると指摘、老朽化した兵器や航空機の廃棄、更新が必要だが、連邦議会議員らが選挙区への配慮からこれを拒否していると危機感をあらわにした。

 国防総省では、軍備で競合国に後れを取っているとして、予算の増額を求めている。しかし、国防専門家らは、アフガニスタンから完全撤収したことで、台頭する中国にいかに対抗するかをめぐって、予算、戦略に関して新たな対応が必要になると指摘している。

 軍幹部らは、20日の空軍協会の年次会合「航空・宇宙・サイバー会議」で、近年の軍事演習で、米軍の能力不足から、戦略を実行できないことが明らかになったと強調、米軍は本当に中国と戦う用意ができているのかどうかについて強い疑問を呈した。

 バイデン政権は、2001年同時多発テロ後の中東を中心としたテロとの戦いから、軍備増強を最優先とする中国との覇権争いへとシフトしている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)
→その他のニュース