対ロシア強硬策が不調で、形無しのバイデン大統領

(2021年10月12日)

ジョー・バイデン大統領は、2021年10月7日(木)、イリノイ州エルクグローブビレッジにあるマイクロソフトのデータセンターを建設するClayco Corporationの建設現場を視察した後、COVID-19の予防接種について講演しました。(AP Photo/Susan Walsh)


 合衆国議会ではホワイトハウスに対して、ロシア外交官を数百人規模で国外退去させるよう超党派の圧力がかけられてきた。しかしバイデン大統領を追い詰めるだけで、ロシア政府に厳しく対処するとの公約も疑わしくなっており、米国はウラジミール・プーチン・ロシア大統領に対する政治的梃子を無駄にしたのではないか、との疑問が起こっている。

 ロシアが在モスクワ米国大使館に対し、ロシア市民と第三国の国籍保持者のスタッフを雇うことを事実上禁止し、アメリカの出先機関は180人以上のスタッフ解雇を余儀なくされた。これに対し米国の議員たちはバイデン大統領に、外交上の報復措置を採るよう圧力をかけている。普通にはあり得ないほどの今回の攻撃的措置は、冷戦時代に敵同士だった両国の間柄が、その後どれほど悪化したかを端的に示した。

 これに対してバイデン政府が強硬な対応をしないため、同大統領の選挙公約でもあった、プーチン政権を監視し、ロシアが時と場所を問わず米国に対抗できるなどと考えられないようにする、という公約を果たしていないのでは、との批判の火に油が注がれている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


タリバン支配下で宗教的少数派が「急速に縮小」

(2021年10月09日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン大統領が岸田新首相を祝福、同盟の継続を期待

(2021年10月05日)

「債務の罠」に陥る途上国、中国「一帯一路」の問題点浮き彫り

(2021年10月02日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)

バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

自信付けるイラン、しぼむ米の核合意への期待

(2021年09月26日)

バイデン氏、国連総会へ 同盟国との関係改善の好機

(2021年09月24日)

タリバン政権強化に力を貸すバイデン・チーム

(2021年09月22日)

核戦力増強進める中国 米、対中スパイ活動強化へ

(2021年09月17日)
→その他のニュース