北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

北朝鮮が9月28日に試射したと主張する「極超音速ミサイル」(朝鮮中央通信が9月29日に配信)=AFP時事

By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, October 13, 2021

 北朝鮮国営メディアが11日に写真を公表したミサイルが、中国の対艦弾道ミサイル「東風21D」に似ていることが専門家の指摘で明らかになった。東風21Dは、航行中の艦艇を遠方から捉えることが可能で「空母キラー」と呼ばれている。

 米シンクタンク、国際評価戦略センター(IASC)のアナリストで中国問題専門家のリック・フィッシャー氏によると、北朝鮮で開催された国防発展展覧会「自衛-2021」に、射程約1700㌔の東風21C、東風21Dに似たミサイルが展示されていたという。

 東風21Cは、地上の標的を攻撃する中距離精密誘導ミサイル、東風21Dは、空母を標的とするための派生型とされ、洋上の艦艇を攻撃するために高度な弾頭の誘導、航法、追跡能力が必要となる。

 フィッシャー氏は「北朝鮮の新型誘導ミサイルの弾頭は、中国の東風21Cの精密攻撃ミサイル、対艦弾道ミサイル東風21Dに驚くほど似ている。固体ロケットブースターを備えているように見え、移動式で、韓国と米国の標的に対して精密攻撃を行うことができるとみられる。海上の標的も攻撃可能だろう」と指摘した。

 北朝鮮はさらに、極超音速ミサイルも公開、これは中国の極超音速滑空飛翔体「東風17」に酷似している。

 東風17は、音速の5倍以上の速度で宇宙との境界近くを飛行する。高速なためミサイル防衛網では捉えにくく、非常に効果的な兵器とされている。

 フィッシャー氏によると、この極超音速滑空兵器(HGV)は9月28日に北朝鮮の液体燃料ミサイル「火星8」で試験発射が行われた。

 フィッシャー氏は「この兵器は、東風17より大きいが、非常によく似ており、HGV弾頭も搭載している」と強調、警戒、監視の必要性を訴えている。

中国 米の予算と技術を窃取、政府の小企業支援策を悪用

(2022年10月03日)

米国防総省、北極担当調整官を新設

(2022年10月01日)

中国 流出技術で兵器開発

(2022年09月30日)

米艦隊司令官、中国による台湾封鎖を警告

(2022年09月25日)

AIが生物兵器開発に悪用されるとグーグル元CEOが警告

(2022年09月20日)

中国の宇宙兵器は深刻な脅威 次期宇宙軍トップが危機感

(2022年09月18日)

ロシア偵察機、9月11日にアラスカ付近の防空識別圏侵入

(2022年09月17日)

中国、マーシャル諸島に接近か 太平洋島嶼国から米排除画策

(2022年09月16日)

中国 台湾侵攻で海底ケーブル遮断も

(2022年09月07日)

中国、薬物対策で協力停止 過剰摂取の増加懸念

(2022年09月03日)
→その他のニュース