北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

北朝鮮が9月28日に試射したと主張する「極超音速ミサイル」(朝鮮中央通信が9月29日に配信)=AFP時事


 北朝鮮国営メディアが11日に写真を公表したミサイルが、中国の対艦弾道ミサイル「東風21D」に似ていることが専門家の指摘で明らかになった。東風21Dは、航行中の艦艇を遠方から捉えることが可能で「空母キラー」と呼ばれている。

 米シンクタンク、国際評価戦略センター(IASC)のアナリストで中国問題専門家のリック・フィッシャー氏によると、北朝鮮で開催された国防発展展覧会「自衛-2021」に、射程約1700㌔の東風21C、東風21Dに似たミサイルが展示されていたという。

 東風21Cは、地上の標的を攻撃する中距離精密誘導ミサイル、東風21Dは、空母を標的とするための派生型とされ、洋上の艦艇を攻撃するために高度な弾頭の誘導、航法、追跡能力が必要となる。

 フィッシャー氏は「北朝鮮の新型誘導ミサイルの弾頭は、中国の東風21Cの精密攻撃ミサイル、対艦弾道ミサイル東風21Dに驚くほど似ている。固体ロケットブースターを備えているように見え、移動式で、韓国と米国の標的に対して精密攻撃を行うことができるとみられる。海上の標的も攻撃可能だろう」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

バイデン米政権、対中融和に後戻り 台湾との関係を制限

(2021年09月28日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)

アフガン駐留軍のトップ、大統領の撤収に反対していた

(2021年09月19日)

核戦力増強進める中国 米、対中スパイ活動強化へ

(2021年09月17日)

技術窃取防止策の廃止要求、親中大学教授ら司法省に書簡

(2021年09月16日)

米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年09月13日)
→その他のニュース