北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

北朝鮮が9月28日に試射したと主張する「極超音速ミサイル」(朝鮮中央通信が9月29日に配信)=AFP時事


 北朝鮮国営メディアが11日に写真を公表したミサイルが、中国の対艦弾道ミサイル「東風21D」に似ていることが専門家の指摘で明らかになった。東風21Dは、航行中の艦艇を遠方から捉えることが可能で「空母キラー」と呼ばれている。

 米シンクタンク、国際評価戦略センター(IASC)のアナリストで中国問題専門家のリック・フィッシャー氏によると、北朝鮮で開催された国防発展展覧会「自衛-2021」に、射程約1700㌔の東風21C、東風21Dに似たミサイルが展示されていたという。

 東風21Cは、地上の標的を攻撃する中距離精密誘導ミサイル、東風21Dは、空母を標的とするための派生型とされ、洋上の艦艇を攻撃するために高度な弾頭の誘導、航法、追跡能力が必要となる。

 フィッシャー氏は「北朝鮮の新型誘導ミサイルの弾頭は、中国の東風21Cの精密攻撃ミサイル、対艦弾道ミサイル東風21Dに驚くほど似ている。固体ロケットブースターを備えているように見え、移動式で、韓国と米国の標的に対して精密攻撃を行うことができるとみられる。海上の標的も攻撃可能だろう」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米国、対中衝突を想定した新世代の軍事機材に注目

(2022年05月28日)

米核戦力の老朽化深刻 中露への対応、近代化が急務

(2022年05月27日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

ルビオ、ファインスタイン上院議員、宇宙軍州兵創設法案を提出

(2022年05月15日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)
→その他のニュース