バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

2021年11月6日、ワシントンのホワイトハウスのState Dinning Roomで、超党派のインフラ法案について話すジョー・バイデン大統領(AP Photo/Alex Brandon)


 バイデン大統領の1.2兆ドルの超党派インフラ整備法案は、サプライチェーン(供給網)の寸断と労働力不足のため、実施が大幅に遅れるとみられている。

 アナリストらは、主要な高速道路、橋、港湾プロジェクトに取り掛かるのは、建築資材の不足、資材価格の高騰、技術者から土木作業員まで労働者の不足などの問題があり困難だと指摘している。

 ホワイトハウスはかねて、共和党の協力を得て先週、議会を通過したこの計画は、国内の道路や橋を再建する「一世一代の大事業」になると述べてきた。

 バイデン氏は「私たちは、米国を再建するための工事に取り掛かることを楽しみにしている。急速に変化する経済の中で取り残され、忘れられていると感じている国民のために、この法案を取りまとめた。この法案の効果は、おそらく今後2、3カ月のうちに工事が始まることで、表れてくる。状況は進んでいく」と述べた。

 しかし、インフラの専門家らは、輸送インフラ整備の着工が大幅に遅れると警告している。

 その理由の一つは労働力不足で、高度なスキルが求められる業務から、低レベルの業務まであらゆるインフラ関連の作業に影響を与える可能性がある。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


人種カード効かず無罪評決

(2021年12月01日)

米カリフォルニア州で集団万引きが多発、罰則軽減が要因か

(2021年11月29日)

ロシア疑惑・アフガン撤退めぐりサリバン補佐官に辞任圧力

(2021年11月24日)

民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

主流派プロテスタント教会の牧師の半数が退職を検討

(2021年11月21日)

IRS増員は、富裕層の税金逃れを促進するだけ-専門家が警告

(2021年11月18日)

「私人」が国境を維持する

(2021年11月16日)

本紙独占:120万人の不法移民が国境監視網を抜けた可能性あり-国境警備隊関係者

(2021年11月07日)

「パーフェクトストーム」:ラウドン郡は「ウォウク主義」と闘え-ペンス前副大統領

(2021年11月05日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)
→その他のニュース